No.②今さら聞けない…。減税にもなる、ポイントも貯まる!?ふるさと納税のお話。




あなたは”ふるさと納税”にどんなイメージがありますか?
一時期、返礼品が豪華すぎて話題にもなりましたよね、そんな話題で盛り上がりをみせスタートしたふるさと納税。
しかしながら、その豪華すぎる、またその地域に関係のない返礼品が問題にもなり、現在は本来の形を取り戻したともいえる、産地地消の返礼品にて地域を応援するという形になってきています。

豪華な返礼品に魅力を感じていた人からすれば、逆に魅力度が減ってしまうかもしれませんし、タイミングを逃してしまい、ふるさと納税を知っているけど具体的に分からない…。
なんて方にも分かりやすい、生まれ変わった”ふるさと納税”を引き続きご紹介していきたいと思います。



No.①今さら聞けない…。減税にもなる、ポイントも貯まる!?ふるさと納税のお話。
↑以前の記事はコチラ



結局何がお得なの?ふるさと納税!

色々ご紹介してきましたが、結局何がそこまでお得なのでしょうか?

基本的には2,000円の出費で、残りの分は上限内でえあれば税控除となり、実質負担額は2,000円でふるさとを応援、そして返礼金を受け取れるということになります。
具体的に、独身の人や共働きの夫婦で、ふるさと納税を行う人の年収が300万円であれば、上限金額が28,000円までとなりますので、28,000円を超えた金額に関しては寄付金の2,000円+上限を超えた金額が自己負担額になります。
30,000円のふるさと納税を行なった場合であれば、
寄附分2,000円+上限を超えた2,000円、合計4,000円が自己負担になり、残りの金額が控除額になるということになります。

次にお得度でいうのであれば、やはり返礼品ではないでしょうか?
寄附のお礼として、ご当地の高級なお肉だったり、海産物、工芸品、変わり種では体験イベント参加など各ご当地で喜んでもらえる様な返礼品を準備してくれています。
気軽にネットショッピング感覚で返礼品を検索する事もできますし、実は色んなショッピングサイトからも実際にふるさと納税に参加する事もできるんです。
その場合、各ショッピングサイトのポイントも貯まるのでポイントUPイベント時にふるさと納税をおこなうと、かなりお得なんです。

そして、その寄附金って何に使われるのかな?なんて疑問に思いませんか?
そんな疑問を抱かなくても安心なポイントとして、実はふるさと納税は寄附した金額の使い道に関しても選ぶ事もできるんです。
伝統や文化を守るためだったり、子供たちのためだったり、納めた税金の使い道を選べるのは大きなポイントにもなりますし、お金の使い道が見えるというのは寄附をする側としても安心感を持てますよね。



上限額さえ分かれば、ふるさと納税を始めるのは簡単!

ふるさと納税を始めるのに、一番躊躇してしまうポイントは納税の上限額がわかりずらい事だと思います。
ですが、それさえわかれば、はじめる事はとっても簡単なんです。
納税サイトはいくつかありますのでサイトによって若干納税方法は変わってきますが、以下をご参考ください。


◎寄附を申し込む!

まずは、公式サイトでいうならばCMなどで耳にした方も多いはず。
「さとふる」など、納税サイトがありますのでまずは一度のぞいてみましょう。
※Yahoo!ショッピングや楽天市場など様々な大手通販サイトなども納税を扱っていますので、自分にあったWEBサイトを選択するのもいいかもしれません。


◎寄附したい自治体を選ぶ!

まずは、どの地域に寄附をするかを決定しましょう。
自治体を選ぶ理由は様々です。
思い入れがある土地、生まれ故郷、寄付金の用途、返礼品。

どれがきっかけでも好きな様に選ぶ事ができるのも、ふるさと納税の魅力です。
サイト内では、いくらの寄附が必要なのかなど詳しく掲載されているので、申し込む前に色々な選択肢のひとつとして、吟味してみてください。

◎支払いの手続き!

自治体・返礼品・寄附金額が決定をしたら、各サイトによって異なりますが
【寄附へ進む】【カートに入れる】など、まるでショッピングサイトの様に選択できますので、クリック、手続きを進めてください。
よく利用するショッピングサイトからなどであれば、ログイン後手続きへ進むのですが、ログインや会員登録をしなくても寄附自体は可能です。
支払い方法も様々で、クレジットカードは勿論のこと、ネット上にクレジットカード登録をしたくない場合でもコンビニ決済や携帯代と一緒に支払うことができたり、決済方法は様々ありますので、安心です。


◎寄附金の使い道を選択!

寄附金に関しては使い道を選ぶことができるとお伝えしましたが、ここでその選択をすることができます。
「使い道は何でもいいよー」っという方は、【市長におまかせ】や寄附の使い道を選択する項目などがありますので、選択してください。
また、ワンストップ特例やアンケートに答えるなどもここで行います。




次回、返礼品の受取や、控除手続き、またワンストップ特例についてなど 詳しく説明していきたいと思います。