①【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!




日々お金がないというのも大問題なんですが、
前もっていつお金が足りないとわかっていればいろんな手立てだってありますよね。
でも、急な出費という時にはどうして用立てていいものかのか考えものです。
先々、お金が入る予定などがあるのであれば、急な出費の為にもお金を借りるというのが最善かもしれません。
しかし、別に借入などがある場合などもあるでしょうし、人によって借りる先の選択肢は実はさまざま。
選択肢によっては借入ができない方もいるでしょう。

そんな方にも、どんな手段があるのか、最短でお金を用立てる方法などもご紹介していきたいと思います。



とにかく急な出費には、カードローン!理由と特徴は?

「え?カードローン」と、誰しもが知っているその少し安直な選択肢を不思議に思われてしまうかもしれません。
なぜ、急な出費の際の選択肢にカードローンなのか、その理由を詳しくご説明したいと思います。


①何よりもの借入スピードの速さ!

急な出費で、どうしてもすぐにお金が欲しいという場合の最優先の条件はやはり借入までの時間の速さではないでしょうか。
正直、カードローン以外のさまざまな金融機関の平均借入までの期間というのは1〜2週間以上です。

それに対し、カードローンの平均の借入までの時間はどれ位かご存知ですか?

最短の場合は”申し込みから数時間〜当日”という、かなりのスピード力なんです。
また、近年はネットからの申し込みが可能なカードローン会社も多く、緊急性を要する場合に借入が可能か自体もすぐに確認する事もできるので、重宝します。



②審査基準が比較的に甘い!

次に大事なのは、”借入自体が可能か=審査に通るのか”という点ではないでしょうか。

実はカードローンは”借入金額・金利が変動制で、幅が広い”のもポイントです。

なぜ、こんな設定になっているかというと、その人の収入や個人信用情報によって個別に借入金額や金利を決定するからなんです。 「うん?どういう事?」っとちょっと難しく考えてしまうかもしれませんが、簡単に説明をするならば
”収入が少ない場合や個人情報にひっかかる様な点がある人でも、少額の借入や金利を少しあげた状態でも融資を受ける事が可能”という事です。
少し金利をあげた状態とはいっても法定金利というものがありますので、怪しい金利を請求される事はありません。
許容範囲が比較的広く、銀行融資などに比べ甘めの審査条件という事ですね。

ですが、全員が融資を受ける事ができるわけではありませんし、カードローン会社によって融資条件や許容範囲自体も変わってきますので、ネットからでも融資審査の受付が簡単なので、まずは借入可能かを確認する事をお勧めします。



③使い道によって融資が変わらない!

融資を受ける際、基本的には何に利用する為のお金なのかを申告、融資内容によっては使い道に関する書類の提出が必要になってくる場合もあります。
例えば、マイカーローンや住宅ローンなどは見積もりや使い道に関する詳細書類がないと融資に至りません。

カードローンに関しては、生活費だろうが、ショッピングに使おうが、冠婚葬祭などの急な出費資料を提示が中々難しい様な用途でも利用する事ができるんです。



カードローンの種類があるのをご存知ですか?あなたにはにはどっち?

実は一概にカードローンといっても、カードローンには種類があるんです。
大きくわけるならば『消費者金融系』『銀行系』との2種類です。

このふたつ、どの様に違うのでしょうか。

こちらも大きなポイントとして、あなたがお金が必要な緊急度によって違ってきます。
あなた自身の、現金が必要な緊急度に合わせて、まずは選んでみてください。



次回、その緊急度によってどちらを選ぶべきか、詳しい違いとカードローン以外などお話していきたいと思います。