②【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!






日々お金がないというのも大問題なんですが、
前もっていつお金が足りないとわかっていればいろんな手立てだってありますよね。
でも、急な出費という時にはどうして用立てていいものかのか考えものです。
先々、お金が入る予定などがあるのであれば、急な出費の為にもお金を借りるというのが最善かもしれません。
しかし、別に借入などがある場合などもあるでしょうし、人によって借りる先の選択肢は実はさまざま。
選択肢によっては借入ができない方もいるでしょう。

そんな方にも、どんな手段があるのか、最短でお金を用立てる方法など引き続きご紹介していきたいと思います。


①【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
↑以前の記事はコチラ




カードローンの種類があるのをご存知ですか?あなたにはにはどっち?

前回、実は一概にカードローンといっても、カードローンには種類がある、 大きくわけるならば『消費者金融系』『銀行系』との2種類。
とお伝えしましたが、ではこのふたつ、どの様に違うのか今回詳しくお伝えしていきたいと思います。


◎今日明日中に現金が必要な人

すぐに現金が必要という方は、やはり『消費者金融系カードローン』を選択する事をおすすめします。
前回、最短の場合は”申し込みから数時間〜当日”とお伝えした融資の速度に関してはこの『消費者金融系カードローン』の融資までの期間になります。
金利は『銀行系カードローン』に比べ高めなのが難点なのですが、すぐに現金が必要という場合には確実性は高めです。



◎2日〜1週間程度なら猶予があるが現金が欲しい人

一般金融機関の融資までの期間が1〜2週間以上と比べれば比較的に融資までの期間は短かく、平均的に2日〜1週間程度での融資となる『銀行系カードローン』。
確かに『消費者金融系カードローン』よりは少し待つ必要がありますが、上限金利が『消費者金融系カードローン』よりも低く設定されているという最大の魅力があります。
また、普段利用している銀行での申し込みが可能なので、安心感も大きいですね。 現金が必要だけど少しなら待つ事ができる方で、借りる期間が少し長めになりそうな方は、金利が安い『銀行系カードローン』を選択する事をおすすめします。

また、融資金額的にも『消費者金融系カードローン』よりもまとまった金額が借入れられる可能性も高く、いずれにしてもそうなった場合は金利が低い方が後々の負担も少なくなります。


ちなみに『消費者金融系カードローン』とはいっても、種類があるとご存知ですか?

これは以外と重要で、審査基準なども違ってくるので、融資を断られてしまった方などはこれを知る事で借入が可能になる場合もあります。


大手消費者金融と中小消費者金融の違いとは?

一概に同じ消費者金融とはいっても【大手と中小の違い】この違い実はとっても大きいんです。


◎大手消費者金融の特徴

基本的に大手消費者金融は、借りたお金の使い道に関しては原則自由です。
また、利用限度額というのが借入時に設けられますので、返済後にその限度額に余裕がでれば、審査などを行わなくても再度範囲内で繰り返しの融資を受ける事が可能です。
一部の大手消費者金融機関では急用具合を電話で伝えると優先的に審査をしてくれ、融資まで最短で運んでくれるようです。
また、ATMネットワークも広い為、来店せずにWEBなどで完結型で融資を受ける事も可能、土日祝日でも対応可能な機関も多いのが特徴です。
初回に関しては、期間設定内に完済が可能な場合などは無金利での融資が可能など無利息で借入る事ができる可能性もあります。



◎中小消費者金融の特徴

もちろん、中小消費者金融でも即日融資を受けられる機関もあります。
ただ若干、対応の金融機関は少なめです。
ですが、審査に関しては大きく違い、大手の消費者金融機関では審査システムが【スコアリングシステム】という方法を採用しています。
このシステムは審査スピードの速さが何よりも特徴で、その為大手の消費者金融が即日融資が可能になってくるのですが、基本的にこのシステムは申込者の年齢・年収・勤務先・勤続年数・居住状況や、個人信用情報機関の個人信用情報を解析してスコアリング化していますので、利用状況・支払い状況によっては、この点数が下がっていってしまいますので、融資が厳しくなってしまうんです。

ですが、中小の消費者金融の審査は人の手によって審査を行っている業者も多いのが特徴でもあり、メリットでもあるんです。
人の手での審査を行う場合は、審査の基準自体がスコアリングシステムとは全く違う切り口での審査になってきます。
なので、大手の消費者金融含め、他での審査が通らなかった様な人でも審査に通る可能性があるんです。
ATMネットワークなどが狭いので、不便を感じる事もあるかもしれませんが、もし審査で落ちてしまったなんて時には味方になってくれる大きな手段になるかもしれません。

ちなみに中小の消費者金融は、大手の様に限度額内であれば繰り返し融資を受ける事が可能な形式と、借入後は返済のみという貸方との形式の違いもありますので、借入の際に必ず確認されてみてください。






次回、別のお金の借入方法の選択肢を引き続きご紹介していきたいと思います。