③【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!




日々お金がないというのも大問題なんですが、
前もっていつお金が足りないとわかっていればいろんな手立てだってありますよね。
でも、急な出費という時にはどうして用立てていいものかのか考えものです。
先々、お金が入る予定などがあるのであれば、急な出費の為にもお金を借りるというのが最善かもしれません。
しかし、別に借入などがある場合などもあるでしょうし、人によって借りる先の選択肢は実はさまざま。
選択肢によっては借入ができない方もいるでしょう。

そんな方にも、どんな手段があるのか、最短でお金を用立てる方法など引き続きご紹介していきたいと思います。



①【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
②【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!

↑以前の記事はコチラ




クレジットカードをお持ちの方は必見!

もしクレジットカードをすでにお持ちの方、そのカードにキャッシング枠はありませんか?
基本的には買い物で利用できるものを『ショッピング枠』といいますが、それとは別に『 キャッシング枠』というものが付帯されているものが多いんです。
これは申し込みの際にキャッシング枠をつけるか決められていますが、必要な際に追加できる場合もありますので、お持ちのキャッシングカードの発行の金融機関にお確かめください。

もし、すでにキャッシング枠があり利用可能で、ショッピング枠での遅延などがなければ即日で借入が可能です。

持っていない場合などでも、基本的にがクレジットカードの発行には数日要するので、申し込んで当日のキャッシング機能を利用する事はできませんが、カードの種類(カード会社)によってはクレジットカードの申し込み後、即日発行も可能なので、その場合は作ったその日にキャッシングを利用できる可能性もあります。




もし借入までに余裕がある場合のお金を借りる方法!

もし現金が必要となった場合で、即日など急を要していない場合は色んな融資を受ける手段があります。
そんな時のお金を借りる方法を少しご紹介したいと思います。

上記の様な借入までの速さはありませんが、それぞれ特徴がありますので、
”お金が必要になってしまった・必要になりそう。”
なんていう時には参考にされてみてください。



◎金利を重視!銀行カードローン

銀行のカードローン、何といっても金利の平均が18.0%程度消費者金融に比べ銀行のカードローンは低金利なのが最大の魅力です。

ですが、銀行の融資となるとお堅い感じがして身構えてしまうかもしれません。
「提出しなくてはいけない書類が多いんでは?」「お金の使い道がしっかりしていないといけないのでは?」
そんな疑問も多いはずです。
確かに銀行からの融資では必要になってくる事もあります。

ですが、カードローンは別です。

基本的には銀行のカードローンは借りたお金の使い道が原則自由です。
なので用途に関する書類が必要になる事はありません。
また、決められた限度額内であれば繰り返しの借入も可能な点も大きな利点ですね。
銀行や商品によっては、お申し込みの銀行の口座をつくらなければならない場合があったり、地方銀行のカードローンについてはその銀行の営業区域内に自宅や勤務先がある人しか利用できなかったり利用できる地域が限られていたりする場合もありますので、確認のうえ申し込んでみてください。
もちろん、銀行は都市銀行や地方銀行もですが、ネット銀行でも金融商品を打ち出している銀行が多数ありますので、商品を比較し、自分の借入にあったもの、また審査を通してみてという基準で選ぶのも手立てかもしれません。





ちなみに銀行の融資は、実はまだあるんです。
次回、どの様な融資形態なのか、また他の借入先の借り方や特徴などお伝えしたいと思います。