④【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!





日々お金がないというのも大問題なんですが、
前もっていつお金が足りないとわかっていればいろんな手立てだってありますよね。
でも、急な出費という時にはどうして用立てていいものかのか考えものです。
先々、お金が入る予定などがあるのであれば、急な出費の為にもお金を借りるというのが最善かもしれません。
しかし、別に借入などがある場合などもあるでしょうし、人によって借りる先の選択肢は実はさまざま。
選択肢によっては借入ができない方もいるでしょう。

そんな方にも、どんな手段があるのか、最短でお金を用立てる方法などを紹介してまいりましたが、
引き続き、余裕が比較的ある場合にご利用できるお金の借り方、ご紹介していきたいと思います。



①【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
②【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
③【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
↑以前の記事はコチラ




もし借入までに余裕がある場合のお金を借りる方法!

もし現金が必要となった場合で、即日でないといけないなど急を要していない場合は色んな融資を受ける手段があります。
そんな時のお金を借りる方法を少しご紹介したいと思います。
借入までの速さはありませんが、それぞれ特徴がありますので、
”お金が必要になってしまった・必要になりそう。
”なんていう時には引き続き参考にされてみてください。


まずは、前回お伝えした、もうひとつの銀行の融資方法、詳しくお伝えしたいと思います。


◎低金利で融資を受けられる!銀行フリーローン

これは前回の銀行カードローンと違い、お金を借り入れたあとの使い道が決まっている場合に利用できるローンになります。

銀行によっては『多目的ローン』『目的ローン』などという名称などもあるローンです。

ただし難しい書類の提示などはなく、例えば、旅行・レジャー・家具家電を買い替えたい、引越しをしたいなんて時にも利用できますし、ローンのおまとめをしたいなんて場合にも借入る事が可能です。

また審査に関しても【年齢や職業に関係なく、前月の収入があれば可能】といった銀行も多く存在します。
収入に応じて無理なく利用する事ができるかという点を重視しているからの様です。
WEBで完結の申し込みなどもあり、利用しやすいのも特徴です。

マイホームローンや、マイカーローンとは違い、お金の使い道は広く様々な用途に利用する事ができますし、必要書類に関しても難しい書類はありませんが、カードローンとは違い、一度融資を受けても繰り返しの借入をする事ができません。
借入後は、借りた分の返済のみとなり、カードローンとは違い追加融資ができないんです。
ただし、その為金融リスクが少なく、利息に関してはカードローンよりも低金利設定となっているという魅力もあります。



◎低金利の金字塔!銀行目的別ローン

前だってお伝えしてきた、銀行の融資の中でも最低金利のローン体系になります。
しかしながら、何度かお伝えしてきた様に、利用目的が決まっている場合に限ります。
その用途別に金利なども変動するのも特徴です。
また銀行によって取り扱っている目的のローン内容が違いますので、どんな目的別のローン商品を提供しているか是非確認してみてください。


実際に下記の様な商品が実際に存在しています。
珍しい商品もありますし、借入が目的によってはしやすいものもありますので、詳細もご紹介したいと思います。


・住宅ローン
・リフォームローン
・マイカーローン
・教育ローン



上記は、どこの銀行でも基本的には扱っている商品になりますが、下記は一部の銀行での目的別ローン商品となります。
そちらは意外な目的での融資ですので、少し詳しくご説明したいと思います。



・ペットローン

基本的に、ペットに関する事柄であれば何でも利用する事ができます。
例えば、
ペットの購入費用・トリミングや美容、お手入れ費用・健康維持のためや病院などでの費用などを用途に融資の申し込みをする事ができるんです。
担保・保証人も不要で最大700万円という金額の融資まで可能というところも驚きのポイントです。
金利については年3.8%~年13.5%と、比較的低金利での借入が可能です。


・サブカルローン

その名の通りサブカルチャーに関する費用を融資してくれるローンです。
フィギュア、コスプレ、鉄道、カメラ、趣味に関わるものや、イベントに参加する他雨の交通費や宿泊費用など軍資金不足で必要なアイテムやイベントについての費用を借入る事ができるんです。
こちらも担保・保証人も不要で最大700万円という金額の融資まで可能、金利についても年3.8%~年8.8%と低金利での借入が可能となっています。





まだまだ目的別のローンも意外な目的への利用が可能な商品もあります。
引き続き、次回ご紹介していきたいと思います。