高齢者編【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!




日々お金がないというのも大問題なものですが、
前もっていつお金が足りないとわかっていればいろんな手立てだってありますよね。
でも、急な出費という時にはどうして用立てていいものかのか考えものです。
先々、お金が入る予定などがあるのであれば、急な出費の為にもお金を借りるというのが最善かもしれません。
しかし、別に借入などがある場合などもあるでしょうし、人によって借りる先の選択肢は実はさまざま。
選択肢によっては借入ができない方もいるでしょう。
そんな方にも、どんな手段があるのか、最短でお金を用立てる方法などを紹介してまいりましたが、
引き続き、余裕が比較的ある場合にご利用できるお金の借り方、ご紹介していきたいと思います。




①【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
②【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
③【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
④【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
⑤【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
↑以前の記事はコチラ




もし借入までに余裕がある場合のお金を借りる方法!

もし現金が必要となった場合で、即日でないといけないなど急を要していない場合は色んな融資を受ける手段があり、そんな時のお金を借りる方法をご紹介してまいりました。
借入までの速さはありませんが、それぞれ特徴がありますので、
”お金が必要になってしまった・必要になりそう。”
なんていう時には引き続き参考にされてみてください。


今回は高齢者でも借入ができる方法などをご紹介していきたいと思います。



【高齢化社会必須】高齢者でもお金を借りる方法!

高齢化社会が進む中、老後人生も長く人生設計も中々難しいものとなってきています。
そんな中でも、生活資金含め、お孫さんや家族への出費もかさんでいくものです。
しかしながら、現実には定年後などお金を借入るのは中々難しいものです。


今回は高齢者でも借入可能な方法をまずご紹介したいと思います。



◎もし担保があるのなら!高齢者向けの銀行商品

みなさんは、高齢者向けの銀行商品『リバースモーゲージ』というのはご存知でしょうか。
大前提として、担保が必要になってくる商品ではあるのですが月々の返済額に関しては利息のみの返済ですむという、日々の生活に支障をきたさない金融商品なんです。

特徴としては、まず先ほどもお伝えした様に自宅を担保に融資を受ける事です。
次に、月々の返済はなんと利息のみ。
どういうカラクリなの?っと思うかもしれませんが、もし契約者が亡くなった場合などは自宅を売却返済にあてる事になります。
しかし、すぐに売却するにも中々売れず、現金がすぐに手元に欲しい人からすれば、生涯の永住も確保されているので、元本返済に終われる事なく過ごせるという利点もあります。
日々の生活にゆとりが欲しく、自宅を最終的には売却してもいいなっと考えている様な方には必見の商品です。


自宅売却という大前提がありますので、商品概要をきちんと把握し、納得して申し込みをされてください。



◎高齢者向け!シニアローン

以前の記事で目的別の融資などについてもご紹介させていただいたのですが、こちらも同様で、高齢者限定のシニアローンになります。
ローンの多くは高年齢になるにつれ申し込み自体が難しい商品が多くなっていきます。
多数の金融機関が同商品を取り扱っており、その内容・要件は会社ごとにより様々です。

例えば80歳まで借入れる事が可能なローンであったり、
60歳以上で81歳未満に完済を計画できる人が申し込む事ができる商品などもあります。


地方銀行にも同様の商品が多くみられ、比較的金利も低金利な場合も多いのですので、是非チェックしてみてください。



意外と知らない組合別の融資の特徴!

銀行と耳にすると大概の人はイメージがわくものですが、金融機関の中には耳なじみはあるものの、具体的にどんな金融機関なのかわからないといった機関があります。
実はそんな機関も低金利で融資を手厚くしてくれる機関でもあるんです。
そちらをご紹介していきたいと思いますので、借入先の候補として検討されてみてください。



◎銀行より低金利!?信用金庫を低金利で借入る方法

信用金庫といえば、どんなイメージをもたれていますか?
案外どんな金融機関なのか漠然としているという人も多いの信用金庫。
簡単にご説明すると、地域の人が会員や利用者になり、地域繁栄のために助けあう目的で営業されている金融機関になります。
基本的に営利目的ではないので、低金利での融資を受ける事が可能です。
銀行同様、多くの目的別であったり融資プランがあり、プランによっては銀行よりも低金利での融資を受ける事が可能と魅力的です。
預金自体は誰でも可能なのですが、融資に関しては原則的には信用金庫の会員である事が条件になってきます。
しかしながら、会員であればこその低金利融資を受ける事ができると大変魅力的です。
ある程度の借入までの余裕があり、借入をしたい場合には是非検討してみてください。



◎営利目的じゃないから低金利!ろうきんとは?

上記、信用金庫同様、耳にもするし見かけるものの、銀行の様に利用した事がなく具体的にどんな金融機関なのか知らないという人が多いろうきん。
ろうきんとは労働金庫の略称で、働く仲間によって作られた福祉金融機関です。
信用金庫同様、基本的には営利目的ではありませんので、会員には低金利での貸付を行っています。
会員になるには、ろうきんが出資している労働組合に所属していたり、提携している生協の組合員になっていたりする人が会員様になります。
一般の人でも、もちろん会員になる事は可能で、個人会員として出資したり、”ろうきん友の会”に入会する事で会員になる事が可能です。
住んでいる地域や勤務先がある場所によって、利用できるろうきんが決まるのですが、金利は利用先のろうきんにより異なっていたり、会員の種別により異なるケースもありますので、お住まいのろうきんのシステムがどうなっているのかを確認されてみてください。







引き続き次回も、聞いた事はあるけど、どういう仕組みなのかわからない金融機関での借入方法など、お伝えしていきたいと思います。