返済に困った時編【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!





日々お金がないというのも大問題なものですが、
前もっていつお金が足りないとわかっていればいろんな手立てだってありますよね。
でも、急な出費という時にはどうして用立てていいものかのか考えものです。
先々、お金が入る予定などがあるのであれば、急な出費の為にもお金を借りるというのが最善かもしれません。
しかし、別に借入などがある場合などもあるでしょうし、人によって借りる先の選択肢は実はさまざま。
選択肢によっては借入ができない方もいるでしょう。


引き続き、色んな場面での適したお金の借り方をご紹介していきたいと思います。





①【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
②【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
③【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
④【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
⑤【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
高齢者編【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
低金利・組合編【すぐに現金が必要!】どうしてもお金がない時の手段をご紹介!
↑以前の記事はコチラ





複数の借入で返済に困ってしまった時の対処法

お金を借りたいと思う時は急な出費や計画的に何かを行いたい時だけではありません。
すでに、そういった時に借入ていたお金を返済する事ができなくなってしまった場合や、返済の予定だった収入が遅れてしまっていて返済できないなどのアクシデントなどもあるでしょう。
また複数からの借入によって、返済が混乱してしまったなんて事もあるかもしれません。
そんな時、すでに借入がいくつかあるなどの場合も含め、いくつかの方法がありますので引き続きご紹介したいと思います。


◎複数の借入を管理できなくなってしまった!

何らかの理由でお金を借り、またお金を他社から借入れる事になってしまった、結果複数の金融機関からの借入が増え、支払い額や利息が膨らんでしまったり、支払日がバラバラで、いつどの口座や金融機関に返済をしなくてはいけないかの把握が難しくなってしまった。
そんな人に検討してもらいたいのが、おまとめローンというプランです。

銀行や各種組合だけでなく、消費者金融などでも同様のプランを取り扱っているところは多く、各種利息や条件なども違います。
どうしても金融機関での借入が膨らみすぎてしまった場合などは独自の審査方法などを用いている様な中小の消費者金融という選択肢になってくるでしょうし、金利などを抑えた返済をまとめたいといった場合などは銀行などの金融機関という選択になってくるでしょう。


特徴としては、基本的に返済した分を追加で融資などは出来ず、一度借入を行った場合は完済までは返済のみという方式になります。
複数の借入を一本化できるので、返済の日が月に1度だけですみますし、何より条件にもよりますが、返済額や利息も複数の金融機関に行わない分減額していく事ができ、負担の軽減になります。
条件によっては、金利自体も下がる場合もある様です。


複数の借入で苦しくなってしまう前に、もしくは返済自体が苦しくなってしまった場合は早めにおまとめする事も念頭に入れられてみてください。



◎借入先はひとつだけど、金利が苦しく返済に困っている!

基本的に先ほどご紹介した、おまとめローンというのは複数の借入先を一本化するため の商品になりますが、実は一箇所のローンでも借り換えをする事によって返済への負担を激減させる事ができるかもしれません。

最初に急遽の借入で、急いでいたために金利が高めのカードローンなどで借入をしてしまっている場合ですぐに完済の目処がたたない様な場合であれば、一度低金利の金融機関やカードローンでの借り換えをおすすめします。
すぐに完済の予定があれば、そこまで大きな減額にはならないのですが、長期的な返済予定を考えているのであれば、大きな差へとかわりますので、早めの検討をされてみてください。

ただし、低金利な設定の金融機関は比較的、審査が厳しい傾向がありますので、今の借入の金利よりも低金利な金融機関は諦めずにいくつか審査だけでも挑んでみるのもいいでしょう。






次回、最後になりますが 生活に困ってしまっている人の砦でもある、民間の支援制度をご紹介したいと思います。