①【お家を建てたい!リフォームしたい!】最大100万円の補助金が支給される!?新たな補助金制度が新設!






新政権に変わった令和3年
あらたな予算案も採決され、さまざまな新しい支援や補助制度が設けられています。
しかしながら、どんなものが新しく決定したのかご存知でしょうか。



その中から、今回は
「家を建てたい。」「リフォームをしたい…。」
と検討していらっしゃる方に必見な、新しい補助金制度をご紹介したいと思います。



最大100万円!家を建てたい人への補助金とは?

2021年11月26日、政府の正式発表された支援制度があります。
その名も『こどもみらい住宅支援事業』です。

具体的には、若い世帯が省エネ性能の高い住宅を購入する場合に支給されるお金で、教育費などの支出が多い若い世帯の購入負担を軽くし、住宅分野の脱炭素化を進めるためのものとなっており、なんと予算については国土交通省が2021年補正予算案に542億円の費用を計上し、補正予算の成立を前提に、来年10月末までに着工した物件を想定しています。

若い世帯とはありますが、今回の政策、リフォームについても対象となっており
その場合、補助対象の年齢制限などがありません。

また、国交省は5万~6万戸の申請を見込む、肝いりの政策となっているようです。



具体的な対象内容とは?

では、上記でご説明した”若い世帯”の詳細とはどの様なものなのでしょうか。


【対象】
①子育て世帯
・若者夫婦世帯による住宅の新築購入 ・子育て世代(18歳未満の子供のいる世帯)
・若者夫婦世帯(夫婦のいずれかが39歳以下の世帯)



②リフォーム
・世帯を問わず対象工事を実施する場合も、あてはまれば対象となります。



【対象の住宅】
一定の省エネ基準を満たした新築の戸建て、または、マンションを購入した場合に補助 となっています。


問題なのは、この一定の省エネ基準ではないでしょうか。
ぜひ、下記を是非ご参考ください。




◎高い省エネ性能とは?

高い省エネ性能とは一体どういうものが対象になるのでしょうか。


・ZEH、 Nearly ZEH、 ZEH Ready 又は ZEH Oriented 強化外皮基準に適合し、再生可能エネルギー等を除き、基準一次エネルギー消費量から 20%以 上の一次エネルギー消費量が削減される性能を有する住宅を対象 。

・ 高い省エネ性能等を有する住宅 次の a)~c)のいずれかの性能を有する住宅を対象。
a) 認定長期優良住宅 b) 認定低炭素住宅
c) 性能向上計画認定住宅


・一定の省エネ性能を有する住宅 住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく 日本住宅性能表示基準で定める断熱等性能等級4かつ 一次エネルギー消費量等級4の性能を有する住宅を対象とします。
※ 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律に 基づく省エネ基準への適合を本事業の要件とするため、品確法で定める断熱等性能等級4の基準のうち、結露の 発生を防止する対策に関する基準を満たさない住宅も対象となる。


上記のいずれかに当てはまるものを 現段階では、省エネ基準を満たす要件となっている様です。




ちなみに、ZEHと言われても何のことだかわかりませんよね。
◯ZEHとは?
まずZEHとは、Net Zero Energy Houseの略称で、エネルギー消費量がゼロの住宅のことです。
断熱と省エネによりエネルギー消費量をできるだけ少なくし、かつ必要なエネルギーを自ら生み出すことで、一次エネルギー消費量を実質ゼロまたはマイナスにします。これまでにも、住宅設備にはさまざまな省エネシステムが取り入れられてきました。

ZEHは、この省エネシステムに加えて、断熱性能を向上させ、太陽光発電などによる創エネ(再生可能エネルギー)を導入することで、使う電力よりも創る電力を多くしようという住宅です。


なかなか、読んでも理解が難しいところもありますので、もし住宅などの購入を検討されている方は、不動産屋さんなどに聞いてみてください、その条件にあった住宅などを紹介してくれるはずです。





次回、具体的な補助金額などの内容について等をお伝えしていきたいと思います。