③【お家を建てたい!リフォームしたい!】最大100万円の補助金が支給される!?新たな補助金制度が新設!





新政権に変わった令和3年
あらたな予算案も採決され、さまざまな新しい支援や補助制度が設けられています。
しかしながら、どんなものが新しく決定したのかご存知でしょうか。


その中から、今回も
「家を建てたい。」「リフォームをしたい…。」
と検討していらっしゃる方に必見な新しい補助金制度をご紹介したいと思います。



最大100万円!家を建てたい人への補助金とは?

2021年11月26日、政府の正式発表された支援制度があります。
その名も『こどもみらい住宅支援事業』です。

具体的には、若い世帯が省エネ性能の高い住宅を購入する場合に支給されるお金で、教育費などの支出が多い若い世帯の購入負担を軽くし、住宅分野の脱炭素化を進めるためのものとなっており、なんと予算については国土交通省が2021年補正予算案に542億円の費用を計上し、補正予算の成立を前提に、来年10月末までに着工した物件を想定しています。

若い世帯とはありますが、今回の政策、リフォームについても対象となっており
その場合、補助対象の年齢制限などがありません。
また、国交省は5万~6万戸の申請を見込む、肝いりの政策となっているようです。



①【お家を建てたい!リフォームしたい!】最大100万円の補助金が支給される!?新たな補助金制度が新設!
②【お家を建てたい!リフォームしたい!】最大100万円の補助金が支給される!?新たな補助金制度が新設!

↑以前の記事はコチラ




リフォームの対象とは!?

実は対象のリフォーム内容の幅が広いのも大きな特徴になります。 以下をぜひご参考ください。




①開口部の断熱改修
基本的には断熱改修が対象になります。
具体的には
・ガラス交換(既存窓を利用して、複層ガラス等に交換するものをいう。)
・内窓設置(既存窓の内側に、新たに窓を新設するもの、及び既存の内窓を取り除き、新たな内 窓に交換するものをいう。)
・外窓交換(既存窓を取り除き、新たな窓に交換するもの、及び新たに窓を設置するものをいう。)
・ドア交換(既存のドアを取り除き新たなドアに交換するもの、及び新たにドアを設置するものをいう。)





②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
改修後の外壁、屋根・天井又は床の部位ごとに、一定の使用量以上の断熱材を使用する断熱改 修を対象とします。
(使用量の条件など有り)




③エコ住宅設備の設置
以下の住宅設備を設置する工事

【エコ住宅設備】
・太陽熱利用システム
・節水型トイレ
・高断熱浴槽
・高効率給湯機
・節湯水栓




④子育て対応改修
家事負担の軽減に資する設備を設置する工事を対象。

【対象設備】
・ビルトイン食器洗機
・掃除しやすいレンジフード
・ビルトイン自動調理対応コンロ
・浴室乾燥機
・宅配ボックス





⑤耐震改修
旧耐震基準により建築された住宅を、現行の耐震基準に適合させる工事を対象とする。






⑥バリアフリー改修
次のバリアフリー改修工事を対象とする。

【対象工事】
・手すりの設置
・段差解消
・廊下幅等の拡張
・ホームエレベーターの新設
・衝撃緩和畳の設置





⑦空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置

空気清浄機能・換気機能付きエアコン(基準有り)を対象とする。




⑧リフォーム瑕疵保険等への加入
国土交通大臣が指定する住宅瑕疵担保責任保険法人が取り扱うリフォーム瑕疵保険及び大規模 修繕工事瑕疵保険を対象とします。






ご紹介した、いずれも1申請当たりの合計補助額が5万円未満の場合は申請できないのでご注意ください。








まだまだ、発表段階でありますので、詳細が随時発表されるものとみられます。
是非、家の購入を検討している世帯や、リフォームに関しては世代かかわらず対象になりえますので、これを機にいかがでしょうか。


なお、予算に限りがあるので、早めの申請をおすすめします。
詳しいお問い合わせの担当は
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
電話 :03-5253-8111(内線39-471)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
となっていますので、お問い合わせください。