No.3【今すぐ借りたい】手軽なお金の借り方!最短で数万円を借りる方法とは!?






年末も近づき、お金の入用も増えてくる師走。
「どうしても数万円すぐに必要…」「今すぐ現金が欲しい」なんて場面もあるのではないでしょうか。
ですが、すぐに現金をようだてるのは中々難しいものです。

お金を借りるにも、「すぐすぐには正直難しいんじゃ?」っと頭を抱えてしまっていませんか?
確かにお金を借りるのは、個人的だと気がひけてしまうし、金融機関であれば審査などで時間もかかってしまってすぐすぐには難しいと思ってしまうかもしれません。
しかし、審査がスピーディーであれば、最短で現金を用意することだって不可能ではありません。

最短で現金を用意したい時に役に立つポイントを今回もお伝えしていきたいと思いますので、ぜひ参考ください。




No.1【今すぐ借りたい】手軽なお金の借り方!最短で数万円を借りる方法とは!?
No.2【今すぐ借りたい】手軽なお金の借り方!最短で数万円を借りる方法とは!?
↑以前の記事はコチラ





5万円を借り入れた場合に実際に必要になってくる金利とは?

少額融資を前提に、実際に貸付けを行った場合に必要になってくる金利をまずはお話ししていきたいと思います。
金利とは、融資を受けた場合に、どんな金融機関でも必要になってくるものです。

最短で少額からの融資を受けることができるので、大変便利な消費者金融ですが、以前は高額な金利などが問題になったこともありました。
しかしながら、そういった問題を受け法改正が行われ、現在では法定基準を前提に貸付が行われており、高金利などといったものはなくなりました。
では、現在の法定金利に則った金利での、実際に支払わなければならない金利とはどれくらいの金額になってくるのでしょうか。



方式としては以下になります。
借入金額(円)×金利(%)×借入日数(日)÷365日


上記を5万円を借入、消費者金融の金利相場17.8%を基準に3ヶ月間借入れたと想定し方式を当てはめてみた場合
50,000円×金利17.8%×借入日数(90日)÷365日=2194円
となります。

初回での貸付の場合は30日間無利息というところが多いので、その場合は
50,000円×金利17.8%×借入日数(90日-30日)÷365日=1465円
となります。


そうなった場合は、銀行などの融資などよりも実際に支払う金利分の金額が少なくなる場合もあり
短期間・少額の場合は消費者金融での借入の方が安く済む場合もあるようです。





消費者金融への申し込み、自宅からも可能!?

消費者金融への融資の申し込みは、書面や来店、自動受付などもあるのですが、現在HPなどの公式サイトなどから24時間・土日も含めて申し込みが可能な場合も多いのが特徴です。

申し込み書類なども以前は来店しなくても大丈夫といった金融機関でも、FAXや郵送などが必要だったのですが、現在WEB上の申し込みフォームなどからアップロードすることで即日の融資などを可能にしています。
外出先や緊急的にお金が必要になった場合などでも、スマホなどで申し込みを行い、最寄りの無人契約機であったり、コンビニATMなどと提携していたり、口座への振り込みが可能な場合であれば、その場で借入ることもできる場合も多い様です。




ネット銀行でも、すぐに現金を借りる事ができる!?

1〜5万円などの少額の現金を借入れるのであれば、消費者金融以外にはネット銀行での借入という手もあります。

基本的には、「無利息期間がある」「即日融資を受けられる」など、消費者金融のほうがメリットが大きい場合が多く。
ですが、どうしても消費者金融に抵抗があるといった場合には、ネット銀行カードローンの利用を検討してもいいでしょう。
普段から利用しているネット銀行でカードローンを利用すれば、引き落とし用の口座管理も簡単になります。
利用しているネット銀行にカードローンであれば、最短で1日での融資を行ってくれる金融機関も存在します。

例として、楽天銀行のカードローンでは楽天会員の場合は金利優遇などを受けられる場合もある様です。
セブン銀行のカードローンなどは少し時間がかかってしまい、基本的には最短2営業日での貸付となっている様です。
しかし、借入の際には近くのセブンイレブンで現金を引き出す事ができる点は大きなメリットではないでしょうか。






大手の銀行系メガバンクなどでは、どうしても緊急の融資には対応していません。
急に手元に現金が必要といった場合には、消費者金融といった手立てが気軽で便利に活用しやすい様です。
もし、すぐに現金が欲しいといった場合には計画的に利用されてみてください。