No.2【すぐに現金を借りたい時!】無職でもお金を借りられる?その方法とは?





以前、手軽ではやくお金を借りる方法をお伝えしたのですが、

↓以下を是非、参考ください。
No.1【今すぐ借りたい】手軽なお金の借り方!最短で数万円を借りる方法とは!?
No.2【今すぐ借りたい】手軽なお金の借り方!最短で数万円を借りる方法とは!?
No.3【今すぐ借りたい】手軽なお金の借り方!最短で数万円を借りる方法とは!?




番外編として 無職でもお金を借りたい場合などに、緊急的にお金を借りる方法をお話していきたいと思います。
仕事がない場合こそ、緊急的にお金が必要になってくる時が多いのに お仕事がないと、お金が借りにくいものですよね。
どういった方法でお金を借入れる事ができるのか、今回は高齢者向けの貸付情報をお伝えしていきたいと思いますので、引き続き是非参考にされてください。



No.1【すぐに現金を借りたい時!】無職でもお金を借りられる?その方法とは?
↑以前の記事はコチラ





【年金受給者の場合】原則担保禁止の年金でお金を借りる!

実は年金は原則、厚生年金保険法・国民年金法という法によって、給付を受ける権利を担保にすることは禁止されています。
しかしながら、その年金でお金を借りることができるというのはどういった事なのでしょうか。

実は年金担保融資というものは年金を担保に借入ができる唯一、法的にも認められた融資制度なのです。
年金受給者がお金を借りる方法としては、3つほどあります。
先ほど、少しお伝えした年金担保融資制度はそのうちの1つで、独立行政法人の福祉医療機構が行っている融資制度です。

年金を担保に借入=将来手元に入る予定の年金を返済に充てるといった点から、年金前借り制度とも呼ばれています。
これは基本的に銀行含め、消費者金融などより低金利での貸付を行える事が大きな特徴です。
下記で少し詳しく説明していきたいと思います。




◎年金担保融資(年金前借り制度)

融資金額:10万円〜200万円(年間の受給額8割まで)
融資利率:年利2.8%
担保  :年金受給権利(受給権)を担保とする
     申込時、年金証書を預ける事が条件となる。
保証人 :連帯保証人必要
     ※信用保証機関に保証料を支払った場合は連帯保証人は必要なし。
返済方法:福祉医療機構が年金支給機関より直接年金を受取返済となる。

原則申込は、独立行政法人福祉医療機構代理店と表示してある金融機関で申込等を行います。
審査には約4〜5週間程度の時間を要します。
この制度は令和4年3月末で貸付の申込を法的に終了する事になりましたので、融資を受けた場合でも返済の繰り上げ等はありませんので、貸付を必要とされる方は是非お早めに検討されてみてください。
廃止後は、代替案として、各地域の自立相談支援機関に相談を行うとそれぞれの状況に応じた支援を紹介してもらえる様になる様です。





◎年金受給者向けローン

基本的に大手メガバンクなどは年金受給者の貸付は対象外としています。
しかしながら、JAバンクに限っては元来高齢者を支援する目的もあるため、年金を担保に貸付を行っています。
貸付対象となるのは、JAバンクで年金の受取をしている満60〜75歳までの人と限られています。
金利に関しても年3.9%と低金利での貸付になっているところも大きなポイントになります。





◎生活福祉資金貸付制度

より低金利という点が大きな特徴のこの制度、65歳以上の高齢者や低所得者が融資を受ける事ができるというものです。
申込窓口については、各都道府県・市区町村の社会福祉協議会が窓口となっているのですが、ハローワークでも融資の相談を受付ています。
この、生活福祉資金貸付制度には、総合支援資金・福祉資金・教育支援資金・不動産担保型生活資金の4つの種類があり、高齢者向けの福祉資金を利用する事により、緊急の医療費や介護用品の購入費用などの借り入れが可能となります。


 【概要】          内容            限度額                利子
福祉費        :介護用品などの購入に必要な経費     580万円以内         連帯保証人有→無利息
       冠婚葬祭に必要な費用など                    連帯保証人無→年1.5%
 緊急小口資金:急な医療費など
       自然災害などの緊急事態時少額費用     10万円以内       連帯保証人不要/無利息







◎年金受給者でも可能なローン

原則、年金を担保にする融資は一部を除き、法的に認められていません。
しかしながら、年金とは別に1万円程度でも別に収入がある場合には貸付を行ってくれる金融機関もあります。
それらも踏まえ、ポイントとして
・65〜75歳未満
・年金以外の収入がある
上記の ポイントをクリアしている場合、利用できる可能が高まります。
大手銀行や消費者金融など様々な機関が上記のポイントをクリアする事により貸付を行ってくれる可能性が増えますので確認のうえ利用されてみてください。