No.3【すぐに現金を借りたい時!】無職でもお金を借りられる?その方法とは?






以前、手軽ではやくお金を借りる方法をお伝えしたのですが、

↓以下を是非、参考ください。
No.1【今すぐ借りたい】手軽なお金の借り方!最短で数万円を借りる方法とは!?
No.2【今すぐ借りたい】手軽なお金の借り方!最短で数万円を借りる方法とは!?
No.3【今すぐ借りたい】手軽なお金の借り方!最短で数万円を借りる方法とは!?




今回も、番外編として 無職でもお金を借りたい場合などに、緊急的にお金を借りる方法をお話していきたいと思います。
仕事がない場合こそ、緊急的にお金が必要になってくる時が多いのに お仕事がないと、お金が借りにくいものですよね。
どういった方法でお金を借入れる事ができるのか、今回も高齢者向けの貸付情報と踏まえお伝えしていきたいと思いますので、引き続き是非参考にされてください。





No.1【すぐに現金を借りたい時!】無職でもお金を借りられる?その方法とは?
No.2【すぐに現金を借りたい時!】無職でもお金を借りられる?その方法とは?
↑以前の記事はコチラ






【無収入の高齢者の場合】リバースモーゲージという手段!

なんだか横文字で難しく感じてしまうかもしれませんが、リバースモーゲージとは、借入を希望している高齢者さん自身が現在住んでいる住居が持家の場合にその住宅を担保としてお金を借りる方法のことになります。
返済方法は利用者自身が死亡時に住居を売却することで元金を返済するとういうもので、この制度は公的な融資手段となっています。



貸付対象については、国土交通省の公式ホームページにも記載されており、下記の通りです。

”高齢者による持ち家のバリアフリーリフォームや耐震改修、マンション建替え等を支援するため、生存時は毎月利息のみ返済、死亡
時に元金を一括返済することにより、フローの収入の少ない高齢者が融資を受けられるように、特別な償還方法による融資を行うもの” 住替え、リバースモーゲージについて/国土交通省住宅局より引用


貸付を受けたとしても、住居を立ち退く必要はなく、住居に住んだまま借入をできることが大きな利点ではないでしょうか。
もし、持ち家があり、老後や死後にその住居の整理先などが無い場合などには活用しやすい融資制度です。




【ゆうちょ銀行に預金がある場合】年齢問わず自動で貸付が可能!

無職でも、ゆうちょ銀行の担保定額貯金か担保定期貯金にお金を預けている場合、無職でも融資を受けることができます。
これは年齢に関しては未成年や大学生の場合でも親の同意があれば借入が可能ですし、その他の方も審査もありません。
定額か定期か貯金内容により、金利が異なってきますが、いずれも低金利設定となっています。


担保「定額」貯金の場合:返済時の約定金利+0.250%
担保「定期」貯金の場合:預入時の約定金利+0.500%

かなりの低金利ですので、担保がない場合借入ができないので困窮時には利用できませんが、それ以外の時に借入が必要な場合には利用しやすい制度になっています。




最後に、いくら困窮してしまっても、非合法な俗にいう闇金などには決して手を出さない様に注意してください。
一度借入をしてしまうと、その一瞬は確かに助かりますが、その先は高金利に追われて、返済の為の新たな融資が必要になってしまったり、返済の道のりは、なかなか厳しいものになってしまう事でしょう。

金利が20%の場合や、クレジットカードのキャッシング枠を現金化してくれるという話などには特に注意をしてください。

また、必ず貸金業車には金融庁より貸金業登録番号が振り当てられています。
貸金業法第十五条には、【貸金業者の商号、名称又は氏名及び登録番号を表示しなければならない】とありますので、合法な金融機関には必ず、それらがHPなどに記載されているはずです。
また、その情報が確かなものかは、『登録貸金業者情報検索サービス』や『貸金業者登録一覧』などで検索する事が可能ですので、怪しいと思った場合は必ず借入前に調べておく事をおすすめします。