②【高額当選したい!】運だけじゃない!宝くじを当てる方法とは!?

 




1年も終わりに近づき、師走の慌ただしさに追われている人も少なくないはず。
そんな中、年末の楽しみでもある恒例の年末ジャンボ宝くじが発売されている季節でもありますよね。
一攫千金を夢みて宝くじを購入するものの、中々当たらず近年では購入自体を控えているなんて人も多い様です。
交通事故に遭う確率よりも低い当選率なんて噂があるくらい、やはり中々高額当選は難しいものですよね。

宝くじの高額当選=”運”と思っていませんか?

確かに”運”は必要です。
しかし、高額当選は決して”運”だけではないんです。
その宝くじの当て方について、今回も引き続きお話ししていきたいと思います。




高額当選したい!本気だからこそやるべき事とは?

前回、高額当選者に共通する”共通点”とは 大きく

・購入場所
・宝くじの購入の仕方
・保管場所

決して運ではなく、利に適った理由とともに【購入場所について】をお話しをさせていただきました。


まだまだ重要なポイントはあります。
ぜひ、引き続き、ご参考ください。


①【高額当選したい!】運だけじゃない!宝くじを当てる方法とは!?
↑以前の記事はコチラ




◎日時=売り場+で確率UP!

高額当選には、購入場所も”運”といった意味合いだけではなく、大事なポイントになってくるとお話させていただきました。

実は、売り場だけではなく、その売り場で購入する日時というのも大切なポイントになってきます。
買ってはいけない日・買うべき日
これを見極める事が重要です。

高額当選者の多くは、この買うべき日を選んでいるという話もあるくらいです。


詳しい吉凶日に関しては、別途お話をしていきたいと思いますが、
結婚やお葬式の際によく『縁起の良い日』を選び『縁起の悪い凶日』を避けるなんて話を聞きませんか?
宝くじも実は一緒なんです。

宝くじ売り場の購入窓口の前に、よく『本日大安』『本日天赦日』など書かれていますよね。 そんなの迷信だと思いになられるかもしれませんが、実は”縁起の良し・悪し”というのは月の回りから言われており、自然の摂理の中では至って利にかなっているのです。
潮の満ち引きや月の満ち欠け。
これらは、たまたまや運ではありません。
いずれも規則的なもので 、それは人や運気も同様に、満ち足り欠けたりするかのごとく、流れが存在します。
その自然の摂理の中から、吉凶日という様に縁起の良しやしが存在すると言われているのです。

実際に日々の生活の中での、「今日はうまく事が運ばない。」「今日はすごくスムーズに事が運ぶ。」など日常の流れも決して、運や勘違いだけのものではないのです。
占い的な事だと思われるかもしれませんが、実は占いも、統計学と言われる様な占いに関しては、この流れを利用しているものが多く、だからこそ、せっかく良い売り場だとしても凶日に宝くじを購入をしない方が良いと言われているのです。





◎購入方法も大事?=バラと連番どちらを買えばいいの?

正直どのくらい、どんな風に買った方が宝くじの当選の確率がUPするのでしょうか。

単純に考えてみると、沢山購入する方が当選の確率は上がるはずですよね。
実は、高額当選者は多く購入した人ばかりが当選しているわけではないんです。
高額当選者の多くの人は購入枚数を最大30枚程度と決めて購入しているそうです。

その内訳の多くは 【バラ10枚】【連番10枚】という購入の仕方が最も当選の確率が高く、
【バラ20枚】【連番10枚】が最も高額当選者が多くでるという事で、オススメされている方法です。

なぜかというと、一度のたくさん購入するより細かく購入する方が、当選確率が上がると言われているから。

これも利にかなっている方法で、(10枚1セット)=3,000円※年末ジャンボの場合
バラで購入する方が、連番で購入するよりも当選の確率が約2.6倍あがるからと言われています。

また、近年では”縦バラ”という購入方法も登場しているのですが、いかんせん店舗 によっては対応していないところもあり、普及までに少し時間がかかりそうです。
しかしながら、購入できる店舗があれば、バラでの購入でありながら連番の買い方ができるので、前後賞を当てる事ができる可能性もあり、効率的な購入方法として上級者の中ではメジャーになりつつある購入方法です。





お話してきた高額当選のためにすべき事は、決して難しい事ではありません。
どうせ宝くじを購入するのであれば、当てやすくなるすべを活用してみませんか?
まだまだ、方法はありますので、次回も是非、拝読ください。