番外編・吉日①【高額当選したい!】運だけじゃない!宝くじを当てる方法とは!?






1年も終わりに近づき、師走の慌ただしさに追われている人も少なくないはず。
そんな中、年末の楽しみでもある恒例の年末ジャンボ宝くじが発売されている季節でもありますよね。
一攫千金を夢みて宝くじを購入するものの、中々当たらず近年では購入自体を控えているなんて人も多い様です。
交通事故に遭う確率よりも低い当選率なんて噂があるくらい、やはり中々高額当選は難しいものですよね。

宝くじの高額当選=”運”と思っていませんか?

確かに”運”は必要です。
しかし、高額当選は決して”運”だけではないんです。
その”運”だけではない購入方法などをお伝えしてまいりましたが、今回は番外編として 宝くじを購入すると良いとされている
【吉日】について続けてお話をしていきたいと思います。
【吉日】は決して、宝くじの高額当選に役立つ日ではありません。
お祝いごとなども含めて重要な日になってきますので、是非引き続きご参考ください。




①【高額当選したい!】運だけじゃない!宝くじを当てる方法とは!?
②【高額当選したい!】運だけじゃない!宝くじを当てる方法とは!?
③【高額当選したい!】運だけじゃない!宝くじを当てる方法とは!?
番外編・凶日【高額当選したい!】運だけじゃない!宝くじを当てる方法とは!?
↑以前の記事はコチラ






宝くじ=当選しやすい日とは?

前回、宝くじを購入すべきでは無い日についてお話しをさせていただきました。
では、逆にその購入すべきではない凶日以外であれば、いつでも宝くじを購入してもいいのでしょうか?
もちろん、凶日以外、宝くじを購入するのはいつでも構いません。
ですが、その中でもせっかくなら当たりやすいと言われている、縁起の良い日を選ぶことをおすすめします。


こちらも、どんな理由で、どんな日なのか、詳しく説明していきたいと思います。


◎大安(たいあん)

よく耳にする”大安吉日”のことです。
大安は、”やってはいけないことが何もない日”  ”万事が平穏かつ安泰に進む日”とも言われる日で、”大いにやすし”という意味を備え、縁起が良い日ですので、結婚式・入籍・開業など新しいことをはじめるのにも適している吉日です。

もちろん、この様な日は宝くじの購入にも適していると言えるでしょう。



◎一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

この一粒万倍日とは、”一粒の種子が万倍になって実ること”  ”始めたことが何倍にも膨らむ”などの意味合いを指し、もともとは仏教の言葉が由来で、これは”ひとつの善行がたくさんの良い結果に結びつくこと”という意味合いでした。

いずれにしても、大安と並び、とても運気もよく、縁起の良い日と言われています。
財の意味合いでも、この日に財布を交換すると良いなどとも言われているほど、金運面での縁起もとても良い日なので、宝くじの購入にも適した日です。


◎天赦日(てんしゃにち)

天赦日とは、日本の暦のなかで最も縁起の良い日・開運日と言われています。
この日は、「天が万物の罪を赦(ゆる)す日」とされ、暦の上で最上の吉日、何事もうまくいく最良の日とも言われている、大吉なんです。


また、この天赦日と別の吉日が重なる日が更に良いとされ


2022年であれば、
1月11日(火) 天赦日一粒万倍日甲子の日天恩日
と重なり最強クラス大吉日となります。

その他であれば、
3月26日(土)天赦日一粒万倍日寅の日
とこれもまた、最強クラスの大吉日です。


6月10日(金)天赦日一粒万倍日
と続きます。



来年であれば、この3日が中でも最強クラスの吉日とも言われているので、
ぜひ何かをはじめたり、宝くじの購入などを考えている方は、狙ってこの日に購入されてみてください。



◎巳の日(みのひ)

この巳の日は、芸術や財運を司る弁財天という神様に縁のある日です。
十二支の1日で、12日に一度めぐってくる日です。
蛇を表わし、弁財天の遣いである、白蛇に願いごとをすれば、その願いが弁財天に届けられると言われており、
そのことにより、金運や財運にとって、縁起の良いものの象徴とされています。

よく、蛇の皮を見つけるとお財布にの中にいれておくと良いなんて話がありますが、これが由来しています。

また、巳の日は12日に1度巡ってくるのですが、
その中でも60日に一度やってくる己巳(つちのとみ)の日という日は、巳の日のなかでもさらに縁起のいい弁天様の大吉日になりますので、この日を狙って見るのも良いかもしれません。








大吉日、吉日など由来と共にお伝えしてまいりましたが、まだまだ縁起の良い日はあります。
次回も引き続きお伝えしたいと思いますので、参考に宝くじの高額当選を狙い購入する日を決めてみられてください。