番外編・吉日②【高額当選したい!】運だけじゃない!宝くじを当てる方法とは!?







1年も終わりに近づき、師走の慌ただしさに追われている人も少なくないはず。
この時期の楽しみといえば、宝くじなどもありますが、一攫千金を夢みて宝くじを購入するものの、中々当たらず近年では購入自体を控えているなんて人も多い様です。
交通事故に遭う確率よりも低い当選率なんて噂があるくらい、やはり中々高額当選は難しいものですよね。

宝くじの高額当選=”運”と思っていませんか?

確かに”運”は必要です。
しかし、高額当選は決して”運”だけではないんです。
その”運”だけではない購入方法などをお伝えしてまいりましたが、今回は番外編として 宝くじを購入すると良いとされている
【吉日】について続けてお話をしていきたいと思います。
【吉日】は決して、宝くじの高額当選に役立つ日ではありません。
お祝いごとなども含めて重要な日になってきますので、是非引き続きご参考ください。




①【高額当選したい!】運だけじゃない!宝くじを当てる方法とは!?
②【高額当選したい!】運だけじゃない!宝くじを当てる方法とは!?
③【高額当選したい!】運だけじゃない!宝くじを当てる方法とは!?
番外編・凶日【高額当選したい!】運だけじゃない!宝くじを当てる方法とは!?
番外編・吉日①【高額当選したい!】運だけじゃない!宝くじを当てる方法とは!?
↑以前の記事はコチラ





宝くじ=当選しやすい日とは?

前回、宝くじを購入すべきでは無い日についてお話しをさせていただきました。
では、逆にその購入すべきではない”凶日”以外であれば、いつでも宝くじを購入してもいいのでしょうか?
もちろん、凶日以外、宝くじを購入するのはいつでも構いません。
ですが、その中でもせっかくなら当たりやすいと言われている、縁起の良い日を選ぶことをおすすめします。



どんな理由で、どんな日なのか、引き続き詳しく説明していきたいと思います。



◎寅の日(とらのひ)

寅の日とは、吉日の中でも最も金運を招く「金運招来日」とされ縁起の良い日と言われています。
お金を稼ぐこと、お金の運気に関わること、お金を支払うことなど、財に関することを行うのに適した日とされていますので、宝くじの購入にも最適な日と言われて います。

また寅の日は、金運を高めるだけではなく、「虎(寅=とら)は千里往って千里還る(虎は一日で千里もの道を往復できる)」という云われから、出て行ったものがすぐに戻ってくるという伝えもあり、これにより、旅行などにも適した日です。

しかし、戻るという意味合いから、
結婚式・入籍→もとに戻る
お葬式→戻ってきてしまう
という意味合いからも避けるべきと言われている吉日になります。

また、不成就日と重なる日は、同じ寅の日でも避けるべき日と言われていますので、注意してください。




◎天一天上(てんいちてんじょう)

この天一天上とは、十二天将の主将「天一神」という神様は、いつも天と地を往復、八方の方角を運行しており、もし悪い方角があればそれをふさいで守ってくれる方角の神様を指し、この神が天井から降り八方をめぐる期間で、天上に帰っている16日間のことをです。

この期間は天一神の祟りが起きないとされ、どの方角に動いても良いとも言われています。

そのため、目的にまっすぐ進んでいけるとされ、宝くじの購入には方角なども関係があるのですが、
この期間であればどこで購入しても良い期間と言われています。


しかし、この期間は、出産や談判、争いごとなどは避けるべき期間と言われていますので注意してください。






①・②でお伝えさせていただいた、吉日
ぜひ参考に高額当選を目指して、宝くじを購入する際の参考にしていただければ幸いです。



宝くじ=当選しやすい時間帯とは?

ちなみに、宝くじを買いにいく時間 何時ごろをみなさんは考えていらっしゃいますか?

吉日をもとに、基本的には『巳の刻』とも言われる、9〜11時の時間帯を選ぶと良いとされています。
これは、『巳の刻』という時間帯でもあることもですが、 動物学・生物学的にも、もっともエネルギーが高まる時間帯とも言われているからです。






宝くじの購入、高額当選には
売り場・購入方法・保管方法
また、買うのに適した日・買うべきではない日などが大事な条件となってきます。



これは縁起担ぎの意味合いだけではなく、統計学・潮の満ち引き同様に意味があることなどお伝えさせていただきました。
ぜひ、高額当選を目指し カレンダーと照らし合わせて購入日を計画されてみてください。