③お金がないのに借入もできない…!切羽詰まった時にお金を融通する方法とは?







「支払いが近いのにお金がない…」
「借入が厳しい」「どう工面すれば」

経済的に苦しい家計にとっては特に、
この長引くコロナ渦で、どんな風にお金を工面すればいいのかと頭を抱えてしまうことも多いのではないでしょうか。
理由や状況は千差万別ですが、困ってしまっている状況は一緒なはずです。

誰にも相談できずに思い詰めてしまわない為に、少しでも参考になれば幸いです。





【段階別】お金を工面する方法とは?

困っている状況は様々で、すぐにお金が入用ないわゆる目先のお金が必要な場合も、
少しばかり猶予はあるものの先々のお金に困っているので用立てたいなど、色々な理由があります。
急いでお金が必要な場合は、とりあえずの金銭を融通する方法が必要でしょうし、先々のお金が必要な人にはそれ以外の条件も組み合わさってくる事でしょう。

その人にあった借り方を見つけてもらう為にも、 引き続き段階別・方法別にお伝えしていきます。


関連の記事も是非参考ください。
①お金がないのに借入もできない…!切羽詰まった時にお金を融通する方法とは?
②お金がないのに借入もできない…!切羽詰まった時にお金を融通する方法とは?
↑以前の記事はコチラ





【4段階】国などの公的制度を活用してお金を工面する

少しだけお金を工面するのに日程が余裕があるのであれば、公的支援制度でお金を工面するという方法があります。
国や自治体からは生活困窮者のための支援制度を行っています。
しかしながら、生活が困っているから助けましょうと、国や自治体から勝手に確定申告などを見て手を差し伸べてくれるわけではなく、
必ず自ら申告・申請をしないと利用する事はできないので、そういう制度があるのかすら分からないまま生活に困ってしまう人も出てきてしまうのです。
是非、制度を知り生活に役立ててみられてください。

では、一体どんな制度があるのでしょうか。





◎生活福祉資金貸付制度

低所得者や高齢者世帯、障害者世帯などが利用できる、制度になります。 生活福祉資金貸付制度には以下の種類があります。




【 総 合 支 援 資 金 】

●生活支援費
・資金の種類/ 生活再建までの間に必要な生活費用
・貸付限度額/ (2人以上)月20万円以内    
       (単身)   月15万円以内 
・据置期間/最終貸付日から6月以内
・償還期限/据置期間経過後10年以内
・貸付利子/保証人あり=無利子
      保証人なし=年1.5%
・保証人/原則必要(保証人なしでも貸付可)




●住宅入居費
・資金の種類/ 敷金、礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用
・貸付限度額/ 40万円以内
・据置期間/貸付けの日(生活支援費とあわせて貸し付けている場合は、生活支援費の最終貸付日)から6ヶ月以内
・償還期限/据置期間経過後10年以内
・貸付利子/保証人あり=無利子
      保証人なし=年1.5%
・保証人/原則必要(保証人なしでも貸付可)        





●一時生活再建費
・資金の種類/ 生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費で賄うことが困難である費用
       就職や転職を前提とした技能習得に要する経費
       滞納している公共料金等の立て替え費用
       債務整理をするために必要な経費
・貸付限度額/ 60万円以内
・据置期間/貸付けの日(生活支援費とあわせて貸し付けている場合は、生活支援費の最終貸付日)から6ヶ月以内
・償還期限/据置期間経過後10年以内
・貸付利子/保証人あり=無利子

      保証人なし=年1.5%
・保証人/原則必要(保証人なしでも貸付可)






【 福 祉 資 金 】

●福祉費 《資金の種類》
◆生業を営むために必要な経費
◆技能習得に必要な経費及びその期間中の生計を維持するために必要な経費
◆住宅の増改築、補修等及び公営住宅の譲り受けに必要な経費
◆福祉用具等の購入に必要な経費
◆障害者用の自動車の購入に必要な経費
◆中国残留邦人等に係る国民年金保険料の追納に必要な経費
◆負傷又は疾病の療養に必要な経費及びその療養期間中の生計を維持するために必要な経費
◆介護サービス、障害者サービス等を受けるのに必要な経費及びその期間中の生計を維持するために必要な経費
◆災害を受けたことにより臨時に必要となる経費
◆冠婚葬祭に必要な経費
◆住居の移転等、給排水設備等の設置に必要な経費
◆就職、技能習得等の支度に必要な経費
◆その他日常生活上一時的に必要な経費

・貸付限度額/ 580万円以内  ※資金用途に応じ、上限目安額を設定
・据置期間/貸付けの日(分割による交付の場合には最終貸付日)から6ヶ月以内
・償還期限/据置期間経過後20年以内
・貸付利子/保証人あり=無利子
      保証人なし=年1.5%
・保証人/原則必要(保証人なしでも貸付可)





まだまだ国や自治体の支援制度はあります。
こんな事にまで融資してくれるの?っという様な貸付制度も多く存在しますので、是非引き続きご参考ください。