vol.1【お金がない!】アルバイトでも出来る?金欠で困った時の乗り切る方法とは!?







長く続くコロナ渦の中 金銭面に苦しみ
「余裕がなく食べ物を買う事すら大変…。」
「家賃を払う事ができない…。」「来月の収入すら不安…。」
など 金銭的な悩みを抱えている方も多いようです。

コロナ渦の中、収入を増やそうと思っても容易な事ではありません。
緊急的な場合も踏まえて、いざという時のお金がない時の乗り切る方法について、お話させていただきたいと思います。





緊急事態!明日のお金に困った時…!

まずは、明日の金銭にも困る様な緊急事態の時の方法についてをお伝えしていきたいと思います。
すぐにお金を手に入れる方法として、若干抵抗があるかもしれませんが、最もはやく手軽な方法が”お金を借りる”という方法です。

”お金を借りる”=借金
というイメージが強く、抵抗を持ってしまうかもしれませんが 緊急事態の時には、大変助かるツールでもあります。
実は近年のカードローンは、申し込みから借入まで最短25分という会社もあり、緊急事態にはもってこいなのです。
また、アプリからの申し込みなども出来、手軽さも合間っています。
また、消費者金融などのローンであれば、初回金利30日間無料などの30日間以内の返済が可能であれば利息が1円も発生しないというサービスなどもあります。
そういたサービスを活用すれば、銀行や国の融資制度から借入れるよりも利息がかからず、緊急事態に借入を行う事も可能です。
現在、大手の消費者金融系の多くは銀行のグループ会社であったり、子会社化されているので、安心面に関しても充実し、借入を行う事が出来ます。





◎パート・アルバイトだけどお金って借りれるの?

いざお金を借りてみようと思った時、自身の勤務状態などで借入が可能なのか自体が不安になってしまうかもしれません。 パートタイムでの勤務、アルバイトでの勤務
これらは借受を行う事ができるのでしょうか。




パートタイムやアルバイト=安定収入がない

っと思われてしまうと不安があるかもしれませんが、俗にいう正社員でなくとも、実は審査は通ります。
基本的に、毎月決まった金額の収入が入る見込みさえあれば、これは安定収入とみなされるので雇用形態はあまり関係ありません。

パートタイムやアルバイトなどで月5〜6万円しか収入がないっと賃金が安価な場合でも、申し込み自体は可能なのですが、消費者金融の場合には貸出可能な金額が法律で決まっています。
総量規制という制度なのですが、年収の1/3までしか借入を行う事ができません。

上記の様に、5〜6万円の月給(手取りではなく総支給額)
毎月6万円と仮定した場合
60,000×12ヶ月=72万円(年収)
となり、この1/3が借入可能額とみなされますので審査次第ですが最大24万円までの借入が可能額となります。
どうしても、明日のお金に困ってしまった、金銭的に苦しいといった様な時には、カードローンにて『無利息』でお金を都合する方法がおすすめです。

まずは一旦、金利のかからない手段でお金を工面し、その後お金を工面するというのも手立てかもしれません。

しかしながら、どうしても消費者金融系統のほとんどがいくら現在、銀行系等の傘下とはいえ、抵抗があるっといった場合にはどの様な方法があるのでしょうか。
消費者金融と同様に、融資の選択肢として、銀行の個人向けの融資があります。
銀行系列とはいえ、消費者金融と、銀行からの借入では確かにイメージが大きく変わってきます。
どうしても、消費者金融が抵抗があるっという方には、銀行のカードローン(個人向け融資)の利用を選択するのもいいでしょう。





では、銀行系の消費者金融と、銀行での個人向け借入は一体どの様に違うのか
次回、その他の金策についても含め、ご紹介させていただきたいと思いますので、ご参考ください。