vol.4【お金がない!】アルバイトでも出来る?金欠で困った時の乗り切る方法とは!?







長く続くコロナ渦の中 金銭面に苦しみ
「余裕がなく食べ物を買う事すら大変…。」 「家賃を払う事ができない…。」
「来月の収入すら不安…。」
など 金銭的な悩みを抱えている方も多いようです。

コロナ渦の中、収入を増やそうと思っても容易な事ではありません。
緊急的な場合も踏まえて、いざという時のお金がない時の乗り切る方法について
前回、消費者金融についてをお話をさせていただいたのですが、どうしても消費者金融には抵抗があるという方に、その他のお金の工面の方法も含めて、引き続き、お話させていただきたいと思います。





vol.1【お金がない!】アルバイトでも出来る?金欠で困った時の乗り切る方法とは!?
vol.2【お金がない!】アルバイトでも出来る?金欠で困った時の乗り切る方法とは!?
vol.3【お金がない!】アルバイトでも出来る?金欠で困った時の乗り切る方法とは!?
↑以前の記事はコチラ





カードローンの向き不向きの特徴とは?

以前の記事までに、消費者金融と銀行とのカードローンの違いについてお話させていただきました。
その特徴や違いを読んでも、いまいち自分にはどちらが借入先の選択肢としてあっているのか分からないという方へ、その特徴を簡単にご紹介させていただきたいと思います。





◎銀行のカードローンが向いている人とは?

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの利用、
いずれにするか迷っている場合、銀行のカードローンの利用に適しているのは以下にあてはまる様な方です。
ぜひ、チェックしてみられてください。


・返済を考えると金利を抑えたい
・口座などを持っていて付帯サービスを利用できる
・キャッシュカードでの借入などの付帯サービスを利用したい
・返済の目処が長期的


銀行のカードローンは、一般的に低金利に設定されている事が多く、返済を考えた時にとにかく金利を低く抑えて支払う利息額を少なくしたいといった方には銀行のカードローンをおすすめします
特に返済期間が長期的な方には、最終的な返済額と言うのは大きく変わってきますので、銀行のカードローンが適しています。




◎消費者金融のカードローンが向いている人とは?

続いて消費者金融のカードローンが向いている人について、お話していきたいと思います。
以下をご参考ください。



・無利息期間の短期間での返済計画をたてる事ができる
・融資までの時間がなく早く融資をうけたい
・自動契約機などで融資契約を行いたい
・すぐにお金が必要



消費者金融での借入と、銀行での借入の大きな違いは何より、融資審査から着金までの時間でしょう。
一刻も早く現金が必要という方には、最短で30分でお金が手元に借入る事ができる、消費者金融が適しているでしょう。  短期間で返済が可能という方も、無利息期間を活用する事ができるので、一時的にお金が必要だったり、急にお金が必要になってしまったと言う方で、無利息期間内に融資額を返済できる目処があるなんて方は、利息を一切支払う事なく、返済額を抑えつつ借入が可能なのでベストな金策になるでしょう。

また対面での借入や、審査は抵抗があるという方にも、自動契約機で申し込みや融資、ローン専用カードの発行までが完結するため、便利です。



それぞれのメリット・デメリットが存在しますが、何よりも返済までの目処や、借入までにどれくらい期間が必要か否かなど、ご自身にあったものを是非、活用されてみてください。





借入にはどうしても抵抗が…。アプリでお金をすぐに手に入れる方法!

カードローンなどは最短30分程度でお金を借入る事ができる事が特徴ですが、
「どうしても借金には抵抗がある…」方や「お金を借入る事すら出来ない…」
っといった方には、即金アプリというものが存在します。

即金アプリでは即日にお金を受け取る事もできるという利点があります。
しかし、即金アプリ??っとあまり耳なれず、疑問も浮かぶかもしれません。

次回、即日にお金を受け取る事も可能な、即金アプリについて詳しくお話をさせていただきたいと思います。