価格設定編【コロナ渦を乗り切ろう!】メルカリ売れるコツを知るだけで売り上げ倍増!?




緊急事態宣言や蔓延防止措置などが各地で生活に影響を及ぼし続ける中、ステイホームをみなさんはどうお過ごしですか?
収入減になってしまって支払いが苦しい、好きなものを我慢している。
そんな方にどうせお出かけできないのなら、その時間を有効に使いお小遣い稼ぎの時間に変えてみませんか?
「フリマアプリ気にはなっているけどめんどくさそう。」「 出品してみたけど、中々売れない。」
なんて方には、是非読んで頂きたいです。

前回に引き続き、ステイホームの断捨離でお小遣い稼ぎの参考になる様に フリマアプリでの売れるコツをお伝えしていきたいと思います。


写真編【コロナ渦を乗り切ろう!】メルカリ売れるコツを知るだけで売り上げ倍増!?
キーワード編【コロナ渦を乗り切ろう!】メルカリ売れるコツを知るだけで売り上げ倍増!?

↑是非、ご参考ください。


売れない商品にしてしまっているのはあなたかも!?

フリマアプリ、確かに全ての商品が即座に売れるわけではありません。
ですが売れる確率が高いのも閲覧数やいいね増えるのも出品してすぐの可能性が高いんです。
出品した商品を検索した人にだけではなく全体からも商品が検索上位に表示をされるからです。
どうやったら自分の商品を見てもらえるのか、写真編・キーワード編に引き続き、簡単なポイントをお伝えしたいと思います。 「え?こんな簡単な事で??」っと思うかもしれませんが是非一度試して変化を体験してみてください。


◎コツその3:まずは出品する商品を検索すべし!

すでに出品をしつつ、読んでくださっている方。
出品の際に自分がこれから出品する商品の値段はどの様に設定していますか?
これから出品予定の方も是非念頭に出品の参考にしてみてください。

あなたが出品しているその商品、相場通りの金額なのか知っていますか?

価格設定をする際、購入時の金額から売りたい金額を算出してしまっているのであれば売れない危険なサインかもしれません。
実は商品によっては付加価値がつき、購入時の金額よりも相場があがっている場合もあれば、購入時は高かった商品だとしても全く価値がなくなってしまっている様なお品もあるんです。
だからこそ、相場を知るのは大事な事です。
うっかり相場を知らず激安で売ってしまっても勿体ないですし、相場より高く設定しすぎて売れないままになってしまっても勿体ありません。

どうやって相場を知るのかというと、簡単です。
同商品をキーワード検索で検索するだけ!
その際SOLD商品を見る事が大事なので、その際は”販売中のみ”表示にしないようにしてください。
画面上の右側の”絞り込み”という項目があります、その一番下の項目【販売状況→売り切れ】と絞り込むとわかりやすいので試してみてください。
参考になるのは、SOLD商品の価格設定です。
またその商品を開いてみると、商品説明などに時間表記がされています。
【数時間前】であったり、【数ヶ月前】であったり、数ヶ月前から値上がりしていたり、値下がりしている場合もあるので、時系列が新しいものが現在の相場の平均だと参考にしてみてください。


◎コツその4:商品の価格を決める時は送料を忘れないで!

メルカリなどフリマアプリでは、送料は”着払い(購入者負担)””送料込み(出品者負担)”と設定ができます。
ですが基本的に売れるコツとしては絶対的に、【送料込み】を選択する事です。
着払いは元々、送料自体も高くなってしまいますし何より送料がいくらかかるかハッキリしない状態だと購入者も購入を躊躇しがちです。
そして、購入者さんが送料を支払うよりも出品者さんが送料を支払う方が”匿名配送”という相手に住所などを知られずに発送できる方法をとる事ができたり、配送料自体もメルカリ便であれば安く設定されているので、安心度も増します。


◎番外編:送料込み出品の注意点!

「そっか、じゃあ送料込みで出品しよう!」っとなった場合、注意してほしいのが価格設定です。
もちろん相場を検索すれば送料込み出品者さんの相場を参考にも出来るのですが、あまり出品されてない商品であったり、サイズの大きなものである場合は送料の兼ね合いを念頭に出品してください。

実は、絵本やタオルなどの比較的A4サイズの収まりそうな商品である場合、
メルカリ便にて
・らくらくメルカリ便ネコポスであれば¥175
・ゆうゆうメルカリ便ゆうパケットであれば¥200
程度で発送できます。


では例えば、相場を検索した時、同じ商品が1個で、800円だったとしますよね?
「私は同じものを2つ持っていて、まとめ売りをしよう!お得感を出すために送料は175円だし1200円くらいで出品したらすぐに売れるかな?」 っと安易に出品してしまうのは実は危険なんです。
配送料はサイズによって異なります。
1つで、ネコポスの175円が利用できても商品が複数個になるとサイズが規格外になってしまう場合も多々あります。

ネコポスのサイズ規定は
【A4サイズ・縦23~31.2㎝以内・横11.5~22.8㎝以内・厚さ3㎝以内・1kg以内】とあります。
2つのまとめ売りにする事でこのサイズを超えてしまった場合 次に格安なのは、ゆうパケットプラスか、 宅急便コンパクトになります。
※ここではネコポスからの流れで同じヤマト運輸の宅急便コンパクトを例にさせていただきます。


宅急便コンパクトのサイズ規定は専用ボックスに入る事です。
専用ボックスは2種類あり、コンビニなどでも手軽に購入する事ができます。
専用ボックスは70円で販売されています。
サイズは【薄型:縦24.8㎝・横34㎝/専用ボックス:縦20㎝・横25㎝・厚さ5㎝】となっています。

配送料は、380円+箱台70円=450円になり、出品手数料が10%ひかれますので、
1200円-450円-120円=630円の利益となります。
これはまだコンパクトなどに入った場合のお話しですが、それを超えてしまうと、今度はゆうパックか宅急便になってしまいます。
その際は最低60サイズ=700円よりになるので、どんどん手元に残る金額は減っていってしまいますし、価格設定を間違ってしまうと下手したら送料の方が高くなってしまったなんて事も。

フリマアプリ人気もあり、100円ショップにて宅急便のサイズを測るスケールや厚さなどで配送料を計れる定規の様なものを発売されていますので、フリマアプリでの出品を考えている方は、購入しておく事で送料を事前に計測して失敗せずに価格を決める事が出来るので大変便利です。
また、メルカリ便にしておくと通常の配送料より安いだけでなく、匿名配送や配送の追跡や補償もついていますので、小さいサイズの商品で定形外でも送れそうだけどなっと悩む時でも多少の差であれば、メルカリ便を利用する方がトラブルを回避できて安全に利用できますので、検討してみてください。



次回は、ちょっとしたテクニック【出品する時間帯や値下げ】についてをお伝えしたいと思いますので、よろしくお願いします。