時間帯編【コロナ渦を乗り切ろう!】メルカリ売れるコツを知るだけで売り上げ倍増!?




緊急事態宣言や蔓延防止措置などが各地で生活に影響を及ぼし続ける中、ステイホームをみなさんはどうお過ごしですか?
収入減になってしまって支払いが苦しい、好きなものを我慢している。
そんな方にどうせお出かけできないのなら、その時間を有効に使いお小遣い稼ぎの時間に変えてみませんか?
フリマアプリ気にはなっているけど、めんどくさそう。 出品してみたけど、中々売れない。
なんて方には、是非読んで頂きたいです。
前回に引き続き、ステイホームの断捨離でお小遣い稼ぎの参考になる様に フリマアプリでの売れるコツをお伝えしていきたいと思います。

写真編【コロナ渦を乗り切ろう!】メルカリ売れるコツを知るだけで売り上げ倍増!?
キーワード編【コロナ渦を乗り切ろう!】メルカリ売れるコツを知るだけで売り上げ倍増!?
価格設定編【コロナ渦を乗り切ろう!】メルカリ売れるコツを知るだけで売り上げ倍増!?
↑是非、ご参考ください。


売れない商品にしてしまっているのはあなたかも!?

フリマアプリ、確かに全ての商品が即座に売れるわけではありません。
ですが売れる確率が高いのも閲覧数やいいね増えるのも出品してすぐの可能性が高いんです。
出品した商品を検索した人にだけではなく全体からも商品が検索上位に表示をされるからです。
どうやったら自分の商品を見てもらえるのか、写真編・キーワード編・価格設定編に引き続き、簡単なポイントをお伝えしたいと思います。
「え?こんな簡単な事で??」っと思うかもしれませんが是非一度試して変化を体験してみてください。


◎コツその5:いつでも出品してはダメですよ!実は重要な時間帯!

空いた時間に、下書きができた時点で出品。
きっと最初はそんな風に出品してしまっている出品者様が多いはず。
実は出品する時間帯ってとっても大事なんです。
いくどかお伝えしているんですが、メルカリ含めフリマアプリは出品した商品はタイムラインに新着からあがってきます。
タブレットやスマートフォンからメルカリを表示した場合、新着情報がトップページになるのですが、出品した際にはこちらに表示される仕組みになっています。
そのタイミングは多くの人に閲覧してもらえるタイミングということにもなります。
せっかく多くの人の目につくのであれば、多くの人がメルカリを閲覧している時間帯に出品する方がいいのは、なんとなくお気づきですよね。

では、どの時間帯が閲覧者が多い時間帯になるのでしょう。

一般的な時間帯にはなるのですが、ログインが多かったり活発になる時間帯は12時のランチタイムから、22時くらいまでの間と言われています。
ただし、これらは一般的な時間帯で、販売する商品によっても若干ゴールデンタイムは変わってきます。
主婦向けの商品、子供服などであれば、家族を送りだした10時〜など、OLさんやサラリーマン向けであれば通勤時間や帰宅時間などもオススメ。
ゲームや漫画関連商品などは、遅い時間帯などによく売れる傾向もある様です。
ゴールデンタイムに出品画面を作成する余裕がないなっという場合などは、出品情報などを作成し、下書きに保存しておき、時間になったら出品をするなどコツを抑えて出品すると効果的ですよ。


◎コツその6:値下げする時間帯も重要です!

出品してしばらくして、なかなか売れないので値下げしてみてもいいかなっと思った際もお値下げする時間帯も実は重要です。
もし、【いいね】のついている商品であれば【いいね】をしてくれている人にお値下げの通知が届くという事もありますが、実はお値下げした商品も、検索の上位に表示されるという機能があるんです。
お値下げの場合、新着には表示はされないのですが、キーワード検索の検索結果表示の上位にお値下げした商品が表示されるからです。
検索結果の上位に表示されるということは、この商品が気になって検索した人へのアピールできる再チャンスになるんです。

ちなみに1,000円以上の商品は100円以上のお値下げから、1,000円以下の商品に関しては10円以上のお値下げから、この機能が適用されているようです。
商品のタイトルなどに『お値下げしました』などとワードを挿入することで、改めて目に止まりやすくなる可能性も高まります。 せっかくの、目にとまる大きなチャンス、お値下げする時間も調整して有効的に活用してみましょう。


◎コツその7:値下げ交渉がきた!どうしたら?

フリマアプリではよくある事なのですが、質問欄よりお値下げの質問が届く事が多々あります。
これを【値下げ交渉】というのですが、これは大前提として購入意思がお相手にあるという事です。
=絶好のチャンスです。

出品したてやお値下げしたてなどの場合は、少し抵抗があるかもしれませんが、もし売ってしまいたいという気持ちがあるのであれば、お値下げは基本的に応じる事をオススメします。
その場合、お相手が金額を指定してくる場合もあり、ときに半額以下や大幅なお値下げを先に言われる場合もありますが、その際はきちんとお断りしても構いませんし、応じられる様なお値下げの場合、金額を提示するのもいいかもしれません。
「格安で出品しているしな…」っという場合、100円でも喜んでもらえる場合も多いですよ。





今回は少し深掘りしてお伝えしてまいりました。
案外簡単なテクニックなので活用してみてください。
次回、【再出品の必要性】や【それでも売れない時の対処法】お伝えしたいと思いますので、お楽しみに!