再出品&奥の手編【コロナ渦を乗り切ろう!】メルカリ売れるコツを知るだけで売り上げ倍増!?




緊急事態宣言や蔓延防止措置などが各地で生活に影響を及ぼし続ける中、ステイホームをみなさんはどうお過ごしですか?
収入減になってしまって支払いが苦しい、好きなものを我慢している。
そんな方にどうせお出かけできないのなら、その時間を有効に使いお小遣い稼ぎの時間に変えてみませんか?
フリマアプリ気にはなっているけど、めんどくさそう。 出品してみたけど、中々売れない。
なんて方には、是非読んで頂きたいです。
引き続き、ステイホームの断捨離でお小遣い稼ぎの参考になる様に フリマアプリでの売れるコツをお伝えしていきたいと思います。


写真編【コロナ渦を乗り切ろう!】メルカリ売れるコツを知るだけで売り上げ倍増!?
キーワード編【コロナ渦を乗り切ろう!】メルカリ売れるコツを知るだけで売り上げ倍増!?
価格設定編【コロナ渦を乗り切ろう!】メルカリ売れるコツを知るだけで売り上げ倍増!?
時間帯編【コロナ渦を乗り切ろう!】メルカリ売れるコツを知るだけで売り上げ倍増!?

↑是非、ご参考ください。



売れない商品にしてしまっているのはあなたかも!?

フリマアプリ、確かに全ての商品が即座に売れるわけではありません。
ですが売れる確率が高いのも閲覧数やいいね増えるのも出品してすぐの可能性が高いんです。
出品した商品を検索した人にだけではなく全体からも商品が検索上位に表示をされるからです。
どうやったら自分の商品を見てもらえるのか、写真編・キーワード編・価格設定編。時間帯編に引き続き、簡単なポイントをお伝えしたいと思います。
「え?こんな簡単な事で??」っと思うかもしれませんが是非一度試して変化を少しずつでも構いません、取り入れ体験してみてください。


◎コツその8:再出品で改めて注目してもらおう!

出品をして、いくつか今までお伝えしたコツを踏まえて出品をしたりある程度お値下げを繰り返しても売れないなっという時、オススメなのが再出品です。
いちから説明文などを作成する必要はありません、メモなどに商品説明文など必要な部分はコピーしておいて出品しなおせばOKです。
その際、必ず重複で出品してしまわない様に、最初に出品した分は必ず出品を取り消してください。
なぜ再出品をする必要があるのかというと、再出品をするとあらためて検索の上位に出品した商品が表示されるからです。
あらためて人の目につく商品になるという事ですね。
出品をしたまま、そのままにしてしまうと日々大量の商品が出品されているメルカリです、あなたの出品商品は埋もれてしまいます。
なので、埋もれた場所から出してあげ、人目につく様にするという作業ですね。
様子をみつつ、1週間程度で再出品してみるのもいいんではないでしょうか?
また、その際週末・連休などを狙い、多くの人が見る時間帯、日を選択してみるのもコツですね。


◎コツその9:余裕があれば発送日は早めに設定!

メルカリの出品時の設定で、発送までに日数を設定する項目があります。
この日程、早めに設定している事で断然売れ行きが違います。
出品画面に表記もあるのですが、【1〜2日】と設定する事によって、他の設定に比べると 40時間以上早く売れているというデータもあるほどです。
確かに同じ商品が複数販売されている場合、同じ金額だったら、早く手元に届く商品を買いたくなりますよね。
まさに消費者の心理です。
また、そういった早い発送を繰り返していると、メルカリの運営側からバッジがもらえ商品説明の出品者情報に
【スピード発送/この出品者は平均24時間以内に発送しています】
と表記され信頼度も高まるので、ぜひ早い発送が可能な方は目指してみるのもいいんではないでしょうか。


◎コツその10:最後の手段!?売れ残ってしまった商品を売りたい!

コツをいくつも試してみたのに、売れ残ってしまっている。
そんな事も正直あり、致し方のない部分でもあります。
なんせ買い手と出会うタイミングもありますから根気よく再出品などを繰り返すのもコツなのですが、その際新たなワードを入れ込んでみるのも良いかも知れません。

そんな時にお値下げする場合には、キーワードにて限定感をだしてみるのもGOOD。
お値下げを繰り返すと【いいね】している購入を迷っている人の心理は、「もしかしたらまだ値下げされるかも知れない??」「もう少し安くなるかも!?」っと待ってしまっている可能性も多くあります。
そんな場合のためにも、この限定感が効果的です。
【本日限定お値下げ!】【最終値下げ!】などをタイトルに追加したり、再出品も検討しているのであれば【○○日削除予定、最終お値下げ!】など日を区切るのも効果的です。
「今だけ?最終?」といった様に購入を悩んでいた人が決断してくれる事も多々あるようです。

また紹介文が冷たい印象を受けられてしまう様な内容になっていないかなども、改めて確認してみてください。
同様の商品がある場合、価格や商品状態も購入の選択肢の条件にはなりますが、それらもやはり購入の決め手になりますので、簡素な説明文だけになってしまっている様であれば「沢山の商品の中ご覧いただきありがとうございます。」「よろしくお願いします。」など 購入者が安心できる様な出品ページや自己紹介文になる様、魅力作りをこころがけてみましょう。




コツ次第で、売れなかった商品も売れる事も多々あります。
少しずつ試してコツを活用、販売に役立ててみてください。
コロナ渦のステイホーム時間、ぜひ有効活用できますように願っております。