改善編【お金が無い!】我が家の家計も緊急事態宣言!解決策とは…?



原因編【お金が無い!】我が家の家計も緊急事態宣言!解決策とは…?
↑ぜひ、ご覧ください。


大きな買い物をしたわけでも、贅沢をしているわけでも無いのに
”お金が足りない…”、”支払いが足りない…”、”手元にお金が残らない”
そんな悩みを抱えている方へ、原因について前回お伝えさせていただきました。

当てはまるところはありましたでしょうか?
今回は、では一体実際にそんな状況からどうすれば抜け出す事ができるのか 続けてお話していきたいと思いますので、ご参考ください。



まず一歩!”詳細に・現実的に”見つめ直すという作業の大事さ。

どうしても日常は長く途方もありませんから、日々家計を細かくつけるという行為はめんどくさくなってしまいがち。
でも、実際はこの”お金の見える化”という作業が大きくそのお金の流れを変えていくんです。


◎生活費を見つめてみるということ。

「どうしても、お金が手元に残らない。」 「そんなに大きな買い物はしてないし、我慢だってしたつもりなのに…」
そんな時は、生活にかかるお金を算出し見つめてみてください。
見直す前に、見つめなおすという作業をオススメします。
そして、この作業、どんぶり勘定でざっくり算出してしまうと、改善には決してつながらないで出来るだけ詳細に書き出してみてください。

家庭によって、生活費の支出分類や金額はかなり変わってきますが、例として

・家賃

・光熱費
・食費
・外食費
・交際費
・通信費
・交通費
・保険代
・税金
・娯楽費

などなどですね。


これらを家計簿の様に毎日つける事ができればベストなのですが、今回は見直すという作業を前提に1ヶ月あたり、それらにいくらかかっているのかを書き出してみましょう。
書き出す事で、突出した出費が目に見え、脳が理解する事ができます。
その中で、必要な支出だったかを見つめると同時に削れそうなところを探すという作業をしてみてください。
毎月の出費が減り、手元に少しでもお金が残る事を考えれば、そこまで面倒な作業ではありませんので頑張ってみてください。

通信費が高すぎるなという時は、格安スマホやプランを見直してみたり、外食費が多いようであれば、自炊を増やす、保険を見直すなど、できそうな事からで構いません、生活費を削ってみましょう。
それを数ヶ月続ける事によって、なんとなく無くなってしまっていたお金が、目に見える形で増減します。
その際には、必ず収入と、合計の支出を書き出し、残り(貯金や自由に使える金額)を書きましょう。
その金額が多いほど、やる気がでてきます。
目に見えると、危機感も感じやすく、何が原因かも分かるのでお金の流れや使い方も変わってきます。
手作業でその様な作業をするのが面倒な場合は、スマホの家計簿アプリなどを活用して、楽しみながら残していく事もオススメです。


◎収入を手軽に増やしてみる。

どんなに節約や、お金の見える化をしたとしても大元の収入が少なくては中々生活をこなすだけでいっぱいいっぱいになってしまいますよね。
やはり、お金がないという悩みを解決をするには、削る事もですが収入をあげる必要もあります。
ですが、どうしてもお給料を急にあげるわけにはいきませんし、時間がかかってしまいます。
職業によっては収入はそのままなんて事もあります。

ですが、人生は長いですし、続いていきます。
その金額のお給料でずっとは厳しいものもありますよね。
やはり、先ほどもお伝えした様に見つめるという事は大事です。

このままの収入で数年後、削るだけの生活になってしまうのか。
別の未来設計のパターンを考えるのも良いかも知れません。
もし、先ほどの生活費を見つめ直すという事で浮いたお金ができれば、それを元に何か資格を習得してスキルアップを目指したりするのも、収入を増やすきっかけにも繋がりますし、生きたお金に変身し、未来を描く楽しみもできます。
また逆に、生活費などを削ったりしたくないという場合もありますよね。
「生活の水準が落ちてしまうのは…」っという人にも、やはり収入をあげる事が有効になってきます。

転職を考える事も決して悪い事ではないと思いますし、その為に節約を少しの間頑張ってみるという形もやる気も湧いてくるので、それらの行動やアンテナを立てておく事は有効です。
ですが、「そんな簡単に転職なんて出来ない」という方には副業やお小遣い稼ぎというのもオススメです。
アルバイトなども簡単な副業の方法ですが、アンケートモニターやクラウドソーシング、在宅業務やスマホひとつで出来る副業など、いろんな副収入の方法も豊富ですし、副業が禁止なんていう場合には、お小遣い稼ぎにメルカリなどで不要なものなどを売買するのも、案外収入に繋がります。
収入が増える事によって、我慢が減るかも知れませんし、併用する事で貯金にお金を回したり、もっと収入が増える為のスキルアップにつながる事にお金を費やす事が出来るかも知れません。
今の「お金がない」という状況を脱却するには、出来るだけ、将来へつながるお金作りを念頭に生きたお金を活用できる様に頑張ってみてください。


継続的な見直しの方法をお伝えしてきましたが、次回は急な出費の際についてをお話させていただきます。