【購入時編】どれだけ違う!?軽自動車VS普通車・維持費やかかるお金




現在、軽自動車に乗っていて「もっと広い車がいいな…。」「好きな車種があって買い換えたい。 」「でも維持費が…」っと悩んでいる人も多いはず。
今後、「車を乗り出すぞ」っと購入を悩んでいる人にも是非参考にしていただきたいお話。
そう、車のお金のお話です。

やはり、税金や維持費がネックになって軽自動車を利用しよう、利用しているという人、購入自体を悩んでいる人は多いはずです。では一体どれくらいの差があるものなんでしょうか?


実は車体価格は普通車の方が安い!?

【軽自動車は安い。】なんていうのは実は過去の話になりつつあります。
軽自動車、特に人気のワゴンタイプの軽自動車、現在の平均新車車体価格は160万円〜250万円と驚きの価格。
乗用車と大差ない機能も通常装備されている車種も多く、ブレーキアシスト・バックモニター・アラウンドビューモニター・車間距離抑制機能などなど、かなり便利になり安全面性も向上されています。しかしその分やはり車体価格も高騰しているんです。
コンパクトカーなどと、ほとんど同価格となっているからビックリしてしまいますよね。

中古車になってくると、実は中古買取価格に関してもファミリーカーや一般自動車などより軽自動車が高額な事が多く、値下がりしないのが今の軽自動車とも言われています。
中古買取が高額なのは嬉しい事なのですが、その分もちろん中古販売価格も高額となっており、軽自動車より形の発売の新しめなファミリーカーの方が安い!?なんていう展示場もあるくらいなんです。
そうなってくると余計にやはり、乗用車の購入も視野に入ってきますよね。
では、どれくらい維持費に差が出てくるものなんでしょう。
今回はまず、購入時に必要となってくる費用から考えてみたいと思います。


車を維持するのに必要なお金とは?

車を維持するのにかかってくる、必要最低限の費用としてあげられるのが
①ローンの場合、ローン費用
②車の保険代金
③税金 (重量税/自賠責/自動車税)
④ガソリン代
などですね。

まず購入時にかかる費用をおさらいしておきましょう。
購入する時にかかる費用は、車体価格とよく言われる乗り出し価格とがあります。
車両本体価格、付属品、税金、自賠責保険料、販売店諸費用、預かり法定費用、リサイクル法関連費用が合算された金額で購入時に必ず必要な費用となっています。
車体価格などは、車種によって変わってはきますが、 やはり気になってくるのは税金のお話です。

実は、初回購入時の自賠責保険に関しては
軽自動車自賠責保険料 35,610円

エコカーなどの普通車で自賠責保険料 36,780円
大きな差はないんです。

問題は、自動車税ですよね。
これは排気量で変わってきますので、やはり普通車の中でもエコカーやコンパクトカーであれば値段は比較的に手頃です。
簡単にまとめると下記の様な金額となっています。

 軽自動車      660CC以下 10,800円        
排気量           ①税額     ②税額 
1,000CC以下           29,500円   25,000円
1,000CC超1,500CC以下     34,500円      30,500円
1,500CC超2,000CC以下    39,500円       36,000円
2,000CC超2,500CC以下    45,000円   43,500円  
2,500CC超3,000CC以下    51,000円   50,000円
6,000CC超          110,000円   87,000円
※①税額(2019年9月30日以前新規登録車)   ②税額(2019年10月1日以降新規登録車) 

2019年10月1日以降に初回新規登録を受けた自家用の乗用車については、減税措置が実施されています。
排気量により異なりますが、最大で毎年4,500円減税されるようになっており、これは軽自動車は対象外で軽自動車に関しては逆に値上がりしており、普通車を検討しているという人には気になるポイントになりそうです。

一番排気量の少ない普通車で、14,200円の差。


この1,000cc以下の車種というのはいわゆる最近流行りの『リッタカー』と言われる様な車種で、通常のコンパクトより小さいリッターカーは、高速での安定感が普通車並みで高速運転に関しては軽自動車よりも優れているという事で近年人気も高い様です。

具体的には国産車では、
トヨタは「ライズ」「ヤリス」「パッソ」「ルーミー」
ダイハツは「ロッキー」「ブーン」「トール」
スズキ「クロスビー」
スバル「ジャスティ」など。
輸入車では、
スマート「for four」
ルノー「トゥインゴ」
フィアット「500」
などがこれに当てはまる車種です。

ちなみに「ヴォクシー」や「エクスファイヤ」「プリウスアルファ」「セレナ」などのファミリーカーは2,000cc以下の場合が多い様で、ファミリーカーを検討している人が昨今多いようですので、価格表をもとに検討してみてください。



ここまででどうでしょう、【普通車を考えている人・軽自動車に乗っている人】
金額的な差も、車種や排気量によっては手に届く金額かも知れませんね。
次回、ガソリンや保険など購入時以外にかかってくる費用に関してを年間で実質いくら違うのかなど、具体的にお伝えしていきたいと思います。