【過払金編】借金を帳消しにしたいけどブラックリストになるのが怖い…。金融情報の情報開示期間とは?



返済に追われてしまっている
返済のために借金が増えてしまって苦しい
明日のお金を考えるだけで辛い
きっとこんな方もいるでしょう。

ましてや長く続くコロナ渦で不景気風は増すばかり。
脱却の方法に行き詰まるのも仕方ありません。
前回に引き続き 今回も詳しい条件や、どの様にどの様な期間登録されるのかなどお伝えしていきますので、
もし悩んでいるのであれば、永久的に情報が登録されてしまうわけではない事なども理解し検討されてみてはいかがでしょうか?


①借金を帳消しにしたいけどブラックリストになるのが怖い…。金融情報の情報開示期間とは?

②借金を帳消しにしたいけどブラックリストになるのが怖い…。金融情報の情報開示期間とは?

【任意整理編】借金を帳消しにしたいけどブラックリストになるのが怖い…。金融情報の情報開示期間とは?

↑以前の記事はコチラ



金融事故の種類別ブラックリスト登録期間!

一概に金融事故といっても種類も金融事故情報として登録される期間も違います。
ここでは、それについて詳しくお伝えしていきたいと思います。
過払金の違いや、任意整理に引き続き国の救済制度を利用した場合など今回もご紹介していきます。


◎過払金返還請求を行うか否か

過払金にも種類がある事は前回お伝えした通りなのですが、今回はその違いをまず説明していきたいと思います。
任意整理時にも、活用できるこの過払金返還請求。
この過払金返還請求のみも行う事も可能です。
もしかしたら返還金額があれば、支払い義務もなくなるかもしれませんし完済済みの場合は返還金もあるかもしれません。

ちなみにこの過払金返還請求については、実は完済後に請求するか否かで信用情報に登録されるか否かも変わります。
具体的には以下となりますので、ご参考ください。



【完済後】過払金返還請求

信用情報の項目上に『過払金返還請求をした』という信用情報の項目は設けられていません。
なので、借金を返済・完済後に、この借入に関する過払金返還請求を行ったとしても事故情報扱いされないとされているようです。


【完済前】過払金返還請求


・過払金で返済し、なおも負債が残る

負債が残っている状態で借入先に過払金請求をしたものの払いすぎていた金利が少なく、負債残高が残ってしまう事があります。 この場合が若干やっかいで負債残高が残ってしまう=信用情報の取り扱いとしては任意整理をした場合と同様に長期間に渡り情報が登録されてしまうようです。


・過払金で返済し、完済が可能だった

負債が残っている状態で借入先に過払金請求を行った際、実は一度は任意整理と同様に信用情報の取り扱いを受ける可能性が高いそうです。
ですが、過払金返還請求後、完済が可能で負債が残らない事が確認されると、その時点で信用情報の事故情報は通常削除される可能性が高いとのこと。

ちなみにこれは借入先によるのですが、過払金請求中確定前、完済できるか負債が残ってしまうか否かの段階では事故情報を信用情報機関には登録しないとしている金融機関もあるようです。
借入先により若干そのあたりが変わってくる様なので、過払金返還請求などの相談を士業さんなどに相談する際に確認することをオススメします。




いろんな手立てを利用しても、手続きまでの時間や返済金額の減額などを行ったとしても返済事態の目処がたたないなど、返済事態が不可能で行き詰まってしまっている場合は、最後の手段として破産という手段があります。
一時的に街金や個人の金融などを利用し、手続き完了までなんとか凌ぐという手立てもありますし、ある一定の資金があれば立て直しが可能であれば、そうする方が今後を考えるといいのですが。
もし、その様なことすら不可能な状況に陥ってしまっているのだとしたら念頭にぜひ考えてみてください。

『自己破産』それだけは…。と悩んでしまっている方も多いのも現実。
ですが、それで人生を棒にふってしまったり、生活や生きる場を失ってしまうくらいであれば、最大でも10年の期間で新たな一歩を踏み出すことができる手立てですので、利用し今の生活から、一旦抜け出すのも手立てではないでしょうか。




次回、この自己破産とは具体的にどの様制度で どれくらいの期間、どの様な縛りがあるのかをお伝えしていきたいと思います。