No.③【誰しもなれる!?】脱貧乏からお金持ちへ!やめるべき悪い習慣とは?




「お金持ちになりたい」漠然と誰しもが願う最大の夢ではないでしょうか。
漠然と願っている人こそ、貧乏癖がある人たち代表とも言えます。
うっかりお金持ちになる為に宝くじに大金をはたいてみたり…。
宝くじで夢を買うのはいいのですが、生活をかけて一攫千金を狙うものではないので要注意です。
憧れているだけでは掴めない、お金持ちへの夢を習慣を見直し現実にかえていきませんか。

前回まで、貧乏癖について悪い習慣をご紹介してきました。
見直すポイントは見つかったでしょうか?
そして、逆にお金持ちさんたちの習慣を知り取り入れていきませんか。


No.①【誰しもなれる!?】脱貧乏からお金持ちへ!やめるべき悪い習慣とは?
No.②【誰しもなれる!?】脱貧乏からお金持ちへ!やめるべき悪い習慣とは?
↑以前の記事はコチラ



お金持ちさんの生活習慣を知って、貧乏癖から脱出!

前回までは貧乏癖を見直し、貧乏さんからの脱却をお話してきました。
もちろん、貧乏癖を見直す事は大事な事で、見直した事によって生まれる新しい習慣を実行する事はとっても大事な事です。
ですが、悪い点を自覚する事だけではお金持ちさんへは少し遠回りかも知れません。
お金持ちさんの良い習慣を知りそれらを取り入れる事で、また一歩、脱貧乏癖につながるはずです。


ではお金持ちさんの生活習慣とは?


◎”時は金なり”あなたは時間を有効活用していますか?

お金持ちさんは時の有効活用を大切に実行しています。

貧乏癖のある人は流されてしまいがちなんです。
スマホをみていたら数時間たっていた。
ちょっとテレビをつけたら…
なんてダラダラ癖が染み付いてしまっていませんか?

お金持ちさんたちはそこが違います。
時間をもったいないという感覚がきちんと染み付いています。
”時は金なり”という意識が高いのです。
ダラダラと過ごしてしまいがちな時間を、将来につながる学習の時間につなげたり、知識を得る時間につなげたり、そしてその時間は未来を導いてくれる貴重な結果を招いてくれると知っているからです。

貧乏癖のある人は、きっとこの内容を読んで「そうは言っても今更…」っと思ってしまい何も変わらない人です。
変わるきっかけは沢山あります。
例えばですが、貧乏癖を知ると、金銭的にも多少節約できます。
節約したお金で通信でも構いません、何となく気になる程度でも構わないので、数万円から資格所得の学習ができるのでやってみるのも一歩です。
「なんとなく気になった」「余暇を使ってみた」
その使い道が変わるだけで、それが将来の仕事や人間関係を変えていく可能性だってあります。
人生の転機は些細な事でも起こると、お金持ちさんは知っているので、時間をその様に有効活用することができるのでしょうね。



◎契機を逃さない!行動力をもっている

食事にいった時なんかに、あなたはメニューで迷ってしまって中々決めれなかったりしませんか?
また、アイデアが浮かんだり、思いついた出来事を思うだけで行動に起こさないまま時間だけが過ぎてしまったなんてことがありませんか?
妄想のまま終わらせてしまったアイデアは、実行していれば今頃違う結果を生み出していたかも知れません。
あの時こうしていればっと思ってしまうかも知れませんが、そのマインドは今後も続いていって同じことを繰り返してしまう習慣を作ってしまう貧乏癖です。

お金持ちさんは、基本的に決断も行動も早いのです。
それは性質だけではなく、そう心がけているのです。
そうしないと、タイミングを逃してしまったり、勢いが減速してしまったり、結局メンタル面であれこれ言い訳を作って何もしないといった行動を引き起こしてしまう危険性や、そういった事で契機を逃してはいけないと知っているからでしょう。
チャンスは一瞬です。
そのタイミングを逃さないためには、メニューが決められないということは些細なことかも知れませんが、意識的に習慣にすることで失敗も成功も刻み、習慣にかえ見極める力も培う事が出来ます。




難しく感じてしまうかも知れませんが、小さなことから大きな習慣に繋げていくことを意識してみてください。
まだまだあります、お金持ちさんの習慣。
少しずつ知って、今を変えていってみませんか?