No.⑤【誰しもなれる!?】脱貧乏からお金持ちへ!やめるべき悪い習慣とは?





「お金持ちになりたい」漠然と誰しもが願う最大の夢ではないでしょうか。
漠然と願っている人こそ、貧乏癖がある人たち代表とも言えます。
うっかりお金持ちになる為に宝くじに大金をはたいてみたり…。
宝くじで夢を買うのはいいのですが、生活をかけて一攫千金を狙うものではないので要注意です。
憧れているだけでは掴めない、お金持ちへの夢を、習慣を見直し現実にかえていきませんか。

前回まで、貧乏癖について悪い習慣をご紹介してきました。
見直すポイントは見つかったでしょうか?
そして、逆にお金持ちさんたちの習慣を知り取り入れていきませんか。
引き続き、お金持ちさんの習慣をお伝えしていきたいと思います。



No.①【誰しもなれる!?】脱貧乏からお金持ちへ!やめるべき悪い習慣とは?
No.②【誰しもなれる!?】脱貧乏からお金持ちへ!やめるべき悪い習慣とは?
No.③【誰しもなれる!?】脱貧乏からお金持ちへ!やめるべき悪い習慣とは?
No.④【誰しもなれる!?】脱貧乏からお金持ちへ!やめるべき悪い習慣とは?
↑以前の記事はコチラ



お金持ちさんの生活習慣を知って、貧乏癖から脱出!

貧乏癖を見直す事は大事な事で、見直した事によって生まれる新しい習慣を実行する事はとっても大事な事です。
ですが悪い点を自覚する事だけではお金持ちさんへは少し遠回りかも知れません。
お金持ちさんの良い習慣を知りそれらを取り入れる事で、また一歩、脱貧乏癖につながるはずです。
小さな変化は大きな転機に導いてくれます。
今の生活から抜け出すきっかけを掴めないなんて方にも是非参考にしていただきたい、お金持ちさんの習慣、引き続きご紹介していきます。


◎本や新聞・ニュース・アンテナを怠らない

お金持ちさんは情報収集が身についています。
ネットニュースだけでは偏ってしまう情報も色んな新聞やメディアで補い世間の動向を自分の知識の中に取り込んでいます。
読書なども語彙力や表現力などの知識も得る事が出来ますし、思考や方向性など自分自身にはなかった引き出しを増やす事ができます。
行き詰まってしまったり、悩んでしまったり、いろんな人生の壁にぶち当たる時、思考や選択肢が豊富だということはとっても大事なことです。
知らなかったら選択することもできず、迷路の中で彷徨うはめになってしまいます。
考え方を増やすという意味でも、深く広くいろんな考え方や知識を得たり、経済や情勢の流れを知る事で仕事や生活に活かす事もできるのでお金持ちさんへの近道にもなりえますので、是非取り入れてみてください。


◎健康やメンタルケアを欠かさない

こんな事関係があるの?っと思うかもしれませんが大いに関係します。
肉体を壊してしまうとお仕事ができなくなるのは当たり前なのですが、自己管理ができていないと思われ仕事に影響を及ぼす事などからも回避できます。
健康も資産だと考え取り入れる事が大事です。
もちろん、心身ともに崩してしまうと時間や治療費などのコストもかかってきますので、それらを事前に防ぐといいう役割もあります。
時間配分を管理し、空いた時間を少しでもウゥーキングやジョギングなど簡単にできる運動などで構わないので充て、健康管理を習慣づけてみてはいかがでしょうか。


◎きちんと自分を把握し主張できる

自己主張が強すぎると煙たがられてしまいますし、やはりそれらによっての他人の評価というのはどうしても気になってしまいがちですよね。
貧乏癖のある人はどうしても、人の顔色を伺いがちになってしまいます。
もちろん、自己主張ばかりが強くても社会性を疑われてしまいます。
ですが、それは自己主張の中に人を納得させる事ができるだけの自分がないからかも知れません。
主張の内容に筋が通っていれば、自己主張が強いだけだと思われる事はありません。
それなのに、相手の評価が気になってしまい自分の意見が言えなくなってしまうと、逆に何も動きだせず『意見の無い人』『自分がない人』と誤解をうんでしまう事になります。
お金持ちさんは自分に自信を身につけています。
自信を持って決断し行動することによって、リスクも請負い、それらも成功に繋げ、自信を掴みとっています。
決断とは覚悟の必要なことですが、仕事だけに関わらず何ごとも決断をしながら人は生きていますので逃げることのできない選択です。
どうせ選択だらけの人生であるならば、勝ち癖をつけることが大事です。
怖がらずに小さなことから、自信を持って発言をし変化をつけていってみてはいかがでしょうか。




習慣を変え、マインドを変えることで、貧乏癖から脱却しお金持ちさんへ近づくことができます。
些細なことかも知れませんが、実はこれは大きな未来の転換を生み出します。
最初は意識的に強制していく部分が多いかもしれませんが、自分自身も驚くほどそれはいつの間にか身につき、自然な習慣になっていくはずです。
まずは今の自分自身の悪い貧乏癖習慣を知り、変えていってみませんか?