進学・給付編①【母子家庭を応援】支援・手当・助成金制度の活用方法!




社会が多様化していく中、シングルマザー・シングルファザー、また最近では婚外子といったひとり親世帯も決してめずらしくはありません。
しかしながら、子連れの離婚にどうしても付き纏うのは、やはり金銭的な問題ではないでしょうか。
以前より切り詰めた生活を強いられてしまったり、それによって進学を諦めてしまう子供も少なくはありませんでした。
ですが、実はひとり親家庭を応援する手当や補助金や割引制度など沢山設けられているのをご存知でしょうか?
これらは生活を大きく支えてくれますが、申請しないともらえないものなども多数ありますのでしっかり確認しておきたい所です。


①【母子家庭を応援】支援・手当・助成金制度の活用方法!
②【母子家庭を応援】支援・手当・助成金制度の活用方法!
③【母子家庭を応援】支援・手当・助成金制度の活用方法!
④【母子家庭を応援】支援・手当・助成金制度の活用方法!
⑤【母子家庭を応援】支援・手当・助成金制度の活用方法!
⑥【母子家庭を応援】支援・手当・助成金制度の活用方法!

 

↑以前の記事はコチラ




母子家庭が活用できる手当・助成金

生活をしていく上やお子さんが成長していく中での進学などを考えた際、助成金や手当を有効活用することはとっても重要なポイントです。
申請が必要なものも含め、引き続き今回は決してお子さんが進学先を金銭的な面で諦めずにすむ様な、そんな制度をメインでお伝えしていきたいと思いますのでご参考ください。


ひとり親世帯向け奨学金には種類がある!?

実はひとり親世帯が受けることのできる奨学金制度には、 【返済不要の給付型】と【返済が必要な貸与型】があります。
どちらを利用できるのか、どんな制度なのか、まずは知ってみてみませんか。

返済不要・給付型奨学金

まずは給付型奨学金を詳しくご紹介したいと思います。
ひとり親世帯であれば利用できる、他の奨学金と併用可能な全国母子寡婦福祉団体協議会の奨学金も狭き門ではありますが、ぜひ活用されてみてください。


◎全国母子寡婦福祉団体協議会奨学金

全国400名(各都道府県、最低4名〜)を募集人数とする、返済不要の他奨学金との併用も可能な、ひとり親を限定とする奨学金制度です。


・支給対象者

応募資格としては、ひとり親世帯であること、経済的に厳しいことに加えて品行方正な生徒であること。
となっています。


中学3年生、高等学校(1~3年生)、高等専門学校(1~3年生)等に在籍する生徒 下記の条件にすべて該当すること

○ひとり親世帯(母子家庭等)であり就学に関して経済的に困難な生徒
○夢を実現するための意欲があり、社会貢献への積極的な姿勢のある品行方正な生徒
○全国母子寡婦福祉団体協議会(以下、全母子協)加盟団体の会員、及び入会を希望する方の子ども(生徒)
○会員登録している団体、及び入会を希望する団体代表者の推薦を受けることができる生徒
(福島県、高知県は全母子協にて会員登録可能) 以下の場合は申請(応募)の対象になりません。
・1人あたりの収入平均額が100万円以上の場合(「申請書の記入要領」参照)
・2020年度の学校出席率が80%未満の場合(早退・遅刻を欠席とする場合があります)
(ケガ、病気など正当な理由がある場合を除く)
・兄弟姉妹による複数の申請があった場合の年少者(1世帯1名の申請)




・支給金額

月額30,000円 半年に一度、18万円支給
※返還不要・他奨学金との併用可



・問合わせ先

○全国母子寡婦福祉団体協議会 加盟団体
(全国母子寡婦福祉団体協議会ホームページより居住地の団体をご確認ください)
○一般財団法人全国母子寡婦福祉団体協議会事務局
TEL:03-6718-4088
FAX:03-6718-4087
e-mail:support@zenbo.org


◎独立行政法人日本学生支援機構の奨学金

奨学金と耳にし差すの多くがこの奨学金になります。
この日本学生支援機構の奨学金には返済不要の給付型と返済が必要な貸与型があります。
給付型については2020年4月からスタートした新制度になります。
成績だけで判断するのではなく、しっかりとした「学ぶ意欲」があれば支援を受けることができます。
給付型奨学金の対象となれば、大学・専門学校等の授業料・入学金も免除又は減額されます。
授業料・入学金の免除・減額は確認大学等が、給付型奨学金の支給は日本学生支援機構が行います。
授業料・入学金の免除・減額については、各大学等に確認してください。



・給付型の条件

給付型の条件として、給付型では住民税非課税世帯か生活保護世帯、もしくは児童養護施設など社会的擁護が必要な人が対象となり、それでいて成績が一定のラインを超えているという場合になります。


・支給金額

◆通常の過程 給付奨学生として採用されてから卒業する(修業年限の終期)まで、世帯の所得金額に基づく区分に応じて、学校の設置者(国公立・私立)及び通学形態(自宅通学・自宅外通学)により定まる下表の金額(月額)が、原則として毎月振り込まれます。






 

日本学生支援機構より引用 

1.生活保護世帯(受けている扶助の種類を問いません。)で自宅から通学する人及び児童養護施設等(※)から通学する人等は、上表のカッコ内の金額となります。
2.自宅通学とは、学生が生計維持者(父母等)と同居している(またはこれに準ずる)状態のことをいいます。
進学届提出時に「自宅外通学」の月額を選択する場合、自宅外通学であることの証明書類の提出が必要です。
◆通信教育課程 卒業する(修業年限の終期の)年度まで、世帯の所得金額に基づく区分に応じて、下表の金額(年額)が年1回振り込まれます。



日本学生支援機構より引用 




また貸与型の場合、無利息と有利息の2種類があります。
収入の目安があり、目安を下回る世帯が対象となり、また成績面での判断もある様です。
貸与型の方が金額が多く学費全体をカバーできるという特徴もあり、給付型との併用などもある様なので詳しくはお問い合わせしてみることをオススメします。




・問合わせ先

○独立行政法人日本学生支援機構
電話:0570-666-301(ナビダイヤル)
海外からの電話、一部携帯電話、一部IP電話からは
03‐6743‐6100
月曜~金曜:9時00分~20時00分(土日祝日・年末年始を除く)






次回も給付型をメインにお伝えしていきたいと思いますので、ぜひご自身にあった制度 を確認されてみてください。