vol.2【知らないと危険…!】連帯保証人と保証人の違い




生活を送っている中で、家を借りる時やローンを組む際に自分自身もどうしても保証人をお願いしなくてはならない場面ってありますよね。
もちろん、逆にお願いをされる場合もあると思います。
そんな中で知っておいて欲しいのは、今回お話する、この連帯保証人と保証人との責任の違いです。
これを理解しないで保証人になってしまうと、後々大きな問題に発展しかねません。
この違いを理解しておくことが重要になります。


vol.1【知らないと危険…。】連帯保証人と保証人の違いと返済義務!
↑以前の記事はコチラ



保証人の責務とは?

連帯保証人と保証人の差を知ることが大切です。
これの最も大きな違いは、責任の差です。
まず、連帯保証人・保証人とも共通の責任として簡単にいうと
『お金を借りた人が返済できなかったり、契約不履行をおかしてしまった場合などに変わりに返済を行う責任をおわなければならない。』ということです。
では、違いとはどの様な内容なのでしょう。


返済義務は返済額は変えられる?

前回、終わりに”抗弁権”のお話をさせていただきました。
決して”抗弁権”を履行すれば、全ての保証人の責務が逃れられるわけではないと言う事もお話もさせていただきました。
では、どの様な返済の義務が科せられるのでしょう。
これは保証人と連帯保証人とでは、かなり変わってきます。
保証人には”分別の利益”という権利があります。
返済義務が生じる金額が500万円だったとしも、2・3人と保証人が存在すれば、その保証人の人数で返済額を割る事ができ、2人だった場合は250万円となります。
しかし、連帯保証人にはこの”分別の利益”がありません。
連帯保証人の数が複数人だった場合でも返済義務はその保証した金額となりますので、500万円が負債請求額だった場合は、その額面を返済しなくてはならないのです。
よって、返済額の変動はないと言う事になります。


債務者の破産宣言によって生じる義務と責任とは?

「保証人になってしまった相手=債務者」が返済が不可能と判断した場合に自己破産という手段を取る場合があります。
自己破産とは、債務者にとって債務が一切免除される事になります。
もちろん相応に、効果な財産や所有物を金銭に変え債権者の返済(配当)に変えますので、財産などは実質返済にあてられる為に没収されてしまいます。
この事によって、債務者は返済義務から解放されますが、保証人はどうでしょう?
保証人には保証債務が残ってしまいます。
結果的に、代わりに返済していかなくてはならない義務が生じます。
これが保証契約という事です。

この時点で幾度かお伝えしてきた、連帯保証人にはなく、保証人にはある”抗弁権”という権利が意味をもたなくなってしまいます。 返済意思や返済可能な限度に関しては”抗弁権”が有効性を持ち連帯保証人と保証人との責任についての違いがありましたが、こうなってしまうと、同じ立場になってしまうのです。
ただ、ここでも差はあり、お伝えしてきた”分別の利益”については有効なのです。
保証人が複数人いる場合は、保証人の人数によって返済しなくてはならない金額が変動するのです。

こういった点でも債務者自身も保証人に迷惑のかからない限度で融資など計画的に行って欲しいものです。
保証人になる側としても、もちろん自分自身もいつかお願いする場合もありますので、全面的に保証人になる事は否定しませんが、保証人になるとはどの様な責務が伴ってくるのかを理解し「この人だったら返済もきちんとするであろう」といいう信頼関係のもと保証人になりましょう。

また返済に困った際は、自己破産=破産手続きを行う前に保証人に迷惑のかからない【任意整理】などをまずは検討する事をオススメします。
※任意整理
原則的に任意生理対象を選択する事もできるので、保証人・連帯保証人に迷惑がかかりにくく、月々の返済額が減少。
金銭への督促などの停止が行われます。
保証人付きの債務を債務整理を行う場合は、保証人には債務整理の効力は有効にはなりませんので、保証人・連帯保証人さんとも話し合い、場合によっては同様に任意整理を行う必要もあります。
保証人・連帯保証人に対しては債務者が債務整理を行なったとしても任意整理前の条件で請求されてしまうからです。




是非、ご参考に保証人をお願いする側、そして保証人になってしまった場合にも参考にされてみてください。